★『大事なこと、ノート』第5刷、高齢期に備える“ライフ版”‼

家族信託

ご好評をいただいている大事なこと、ノート』、第5刷を発行しました。
今回は大幅改定。60ページあったコンテンツをスリム化。
エンディングノート的な要素を、すべてカット。
死後のことより、生ききるためのノートに切り替えました。

 

◎終活の要素は全面カット

大事なこと、ノートはエンディングノートではなく、
後半人生を生きていくためのノートであることは
今までもいってきました。
しかし4刷までは、流行に流され中途半端でした。
エンディングノート的な要素を捨てきれなかったのです。

『大事なこと、ノート』第5刷

静岡県家族信託協会が発行する『大事なこと、ノート』第5刷

 

今回、以下の項目はカットしました。
▼私の家族▼私の親族▼私の家系図▼親族の命日▼私の友人・知人
▼葬儀についての希望▼お墓と供養の形▼ペットについて▼デジタル終活
つまり「お葬式用」になる部分は省いたということです。
終活ノートなら、市販品が多数出回っています。
葬儀屋さんに行けば、無料のノートが置かれていますし。
「いざときノート」的な要素は、そちらをご利用ください。

 

◎100歳人生に必須の項目

残したのは、以下の項目です。
100歳まで安全に生きるために、必須の項目のみです!
▼年金▼預貯金▼ローンや借金▼株や有価証券▼生命保険▼不動産
※兵糧(老後資金)が尽きないよう「現状」を把握するためです。
▼私の健康と病気に関すること
※適切な治療を受けるために必要な情報を提供するためです。
▼終末期医療への対応(「延命」をどうする)
※安易に「延命拒否」などと言わず、死生観を突きつめましょう。
▼独り身対策
※家族がいる人でも、半数以上の人が最後はひとりになる時代です‼
▼介護について
※施設入所は視野に入れておく。そして認知症を甘く見ない。
▼家族信託と成年後見
※認知症対策の2つ方法。選択を誤ると晩年が不幸です。
▼遺言について
※迷いましたが、入れておきました。家族の絆をはかる指標として。

 

◎節税対策なんか必要ですか?

今まで私たちがしてきたのは、コレでした[下のイラスト]。
とてもトンチンカンだった、と思いませんか?

多くが、時流に流され「必要」と思い込まされてきたことです。
あるとしても資産1億円程度の私たちに、節税対策は必要ありません。
相続税は、あなたが想像しているような高額にはならないからです。

<参考>★相続税は高くない‼ 遺産1億、対策なしでも税率は4%切る

 

◎超高齢対策がスッポリぬけている

こういうことではないか、と思うんです。

(写真)100歳時代のマネー

「大事」と思ってしてきたことは、みな自分の死後のこと。
余計な事ばかり心配して、生きるための対策がゼロでした。
80歳―100歳までの生き抜く対策がポッカリぬけています。
つまらないことにお金を回し、老後資金をわざわざ手薄に。
今やるべきことと、真逆のことを私たちはやってきたのです。
少しばかりお金に余裕があっても、節税策などすれば自分を危険にさらします。
終活ブームの「お葬式」や「お墓」のことも、本当に大事でしたか⁉

 

◎第5コーナーはどしゃ降り⁉

私たちの老後はそんなに、計算できて「安心なもの」でしょうか。
人生80年どころか、今は100歳時代です。
80歳まで元気で、私のセミナーを聞きに来てくださるような人も
100歳まで生きるとすると、空模様は変わります。

認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託
という本の「まえがき」に、私はこのイラストを使いました。
400mトラックを想像してください。
第4コーナーを回って、まさにゴール。80歳‼
それでおしまい、になりますか?
80歳女性の平均余命は11.82年あります‼
(実際はもっと長いというのが定説です)
第5コーナー」は、実際に、現実的な話なんですよ。

 

◎認知症なら預金凍結!

お金の不安に加え、さらに「認知症」です。
今の銀行は、お客様(預金者)が認知症と分かれば、口座を凍結してしまいます。
特に「定期預金」にはご注意を。
あなたが認知症になれば、銀行は解約させてくれません。
普通預金でさえ凍結される恐れ大、です。
一度凍結されれば、解約できるのは後見人だけとなります。

 

後見被害後見トラブルについて今は説明しませんが、普通の家族はこの制度を使ってはいけません。
認知症という人生後期に発症するこのありふれた病気は、多くの場合、本人に、家族に、災厄をもたらします。
病が重いからではありません。
「意思能力を喪失した」と思われることの影響が、お金や財産に直結してしまうからです。
健常な時には、世の中、「契約」で成り立っていることに何の問題もありません。
でも、買い物だって、預金だって、契約なんですよ。
認知症になると、「契約能力を失った」とされてしまうのです。
だから銀行や郵便局で自分のお金が動かせない。
そこから救済できるのが「成年後見制度」とされているのですが、そのツケは大変大きい。
国が作った制度なのに、ネットには「後見被害」「後見トラブル」という言葉があふれています。

 

◎95歳になれば8割が認知症

「私は認知症にならない」とあなたは思っているでしょうね。
厚労省の委嘱を受け実施した専門家の「年齢別認知症発症率」の推計を紹介しましょう。
グラフにしたので、見てください。

(統計)認知症高齢者の割合

85歳以上の人になると、認知症になる確率は4割を超えます‼
90歳では6割、95歳で8割。
70歳までは2%なのに、そこから25年も生きてしまうと、5人に4人までが認知症になってしまうんです。
脳にも寿命があります。
個人差はあっても、確率的な事実はくつがえせないということなんです。

 

95歳までもし私が生きていれば、私もボケているでしょう。
もはや「私は認知症にならない」なんて、誰もいえません。
夫婦は2人ですから、85歳以上のご夫婦のどちらかは「認知症」トラブルに見舞われるということになる。
これが、人生第5コーナーの現実です。

 

◎終活目線より動かせるお金を確保

「生前贈与なんかするな!」と、私が野暮なことを言う理由、おわかりになりましたか?
子の相続税の心配をするお人よしは、もうやめましょう!
その前に、自分の心配をしなければ。
大事なこと、ノート』のしょっぱなで、▼年金▼預貯金▼ローンや借金▼株や有価証券▼生命保険―とお金のことばかり書いてもらう理由は、相続する人のために(親切にも)遺産目録を書いてあげているわけではないのです。
そんな“終活目線”は捨てましょう。
人生第5コーナーを生きるための“兵糧の量”をしっかり確認してください。

 

確認したら、定期預金や定額貯金は元気なうちに、必ず現金化してくださいね。
動かせるお金にしておくんです。
あなたに認知症の兆候が出てくれば、凍結されて下ろせなくなりますから。
高齢者がお金を持っていれば、今度は詐欺や悪徳商法、不穏な儲け話(節税商品もそのひとつ)に引っかかる可能性が出てきます。
ですからお金は自分で持たず、信頼できる人に預けてください。

 

◎絆がなければ専門家に相談を‼

あなたの周りに「信頼できる人」はいますか?
わが子でも、友人でも、他人でも、士業の先生でも。
老後に必要なのは、お金と、人とのきずなです。
お金がなければ老後は苦しいし、家族とのきずながなければ不安でしょう。
大事なこと、ノートは、この2つの大事を確かめるために書くんです。

 

第5コーナーに突入すれば、人は誰しも、自分を頼みにすべきではありません。
頼みとする自分自身の意思・判断能力がいちばん頼りないわけですから。
『自分には、そのように頼みにする人はいない』
と、思うなら、あなたは今すぐ専門家を訪ねるべきです。
ひとり暮らしなら、なおさらです。

 

◎静岡県家族信託協会がお聴きします

大事なこと、ノートは、そのことに気づいてもらうためのノートです。
静岡県家族信託協会は、あなたの相談にお答えします。
手紙かメール、または相談にいらしてください。
電話ではお答えしません。
あなたの「大事」を電話で聴いて、簡単に答えを出すほど軽い問題ではないと思いますので。

◎『大事なこと、ノート』はコチラからお申込みください(無料)

大事なこと、ノート

サイトのトップページへ

静岡県家族信託協会

ジャーナリスト石川秀樹
相続指南処行政書士

■■ 静岡県家族信託協会ホームページ ■■

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?
成年後見より家族信託』
この一冊があなたの“くらし”を変える!

.
石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

本日のトップ5

  1. 1

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  2. 2

    ★ゆがんでしまった成年後見、庶民の思いとズレている!《 家族信託と比較した》

  3. 3

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  4. 4

    ★延命治療、始めたら本当に止められない!? もっと”出口”の話をしましょう

  5. 5

    ★代理人カードを使え! 認知症による口座凍結を回避

★『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の《目次》はコチラから。

(表紙)家族信託の本

<著者石川が無料でご相談に答えます>
本235PのQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」に跳んでメールを送信いただけば、私が読者の問題に直接「答え」を差し上げます。

★家族信託のパンフレット、刷新!

新版、16ページに倍増。無料で郵送。
家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。
《静岡県家族信託協会》

家族信託パンフレット

石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。

好評‼『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。

TOP