★父が軽い認知症、土地売却の登記を司法書士に断られた

成年後見

「認知症」と言ったのがアダに


父から受け継いだ会社をたたむことにしました。
父名義の土地を父の承諾を得て売却することになり契約直前まで来たのですが、司法書士に登記を依頼するために相談に行った折、私がつい「父が軽い認知症だったので……」と口を滑らせたところ、途端に「登記はできません」といわれてしまいました。
契約するばかりの段階にきているのに、父に会うこともなく登記を断られるなんて、と途方に暮れています。

確かに父は、町のお医者さんに「認知症の傾向が出ていますね」と言われましたが、薬が合っているせいか明るくなり、取引先との会話にも不自然はありません。土地売却も父の指示で私が動いたので、本人の意思能力は確かです。
司法書士は「後見人を立てるしかない」といいますが、調べる限り、後見人は一度立ててしまうと成年後見制度から離脱することはできないようです。

土地売却のためだけに拙速に後見人制度を頼ることには抵抗があります。
後見人制度以外に現状を打開する方法はありませんか?

違う司法書士の判断を求めたいところです。


よく聞く話です。
非常に解決は難しそうですが、100%不可能ではないと思います。
そもそも、本人を見ないで「認知症」の言葉をうのみにして登記事務を断る人がいるとは、驚きです。
司法書士は、成年後見申立てに慣れていますから、家庭裁判所に提出する医師の診断書に「保佐相当」「成年後見相当」のチェックが入れば、九分九厘、登記事務は行いません。
そのことに慣れすぎているのかもしれません。

士業を行う者は、ある意味で「契約行為ができるかどうか」を判定する者になりますので、面談するときには緊張します。ですから見ないで断る、というのは論外です。
成年後見制度では認知症を、補助・保佐・成年後見の3段階で考えます。
補助と保佐の境目は、専門家でも判断はつきにくいものです。

法律によって違いますが、補助相当の段階の人を欠格とする法律は少ないですから、不動産の売買も補助相当であれば”セーフ”になる可能性が高いです。

お父さんを伴い、ほかの司法書士に当たってみてください。
会話してみれば、登記を請け負っていいか、危ないかは司法書士が決めます。
契約の詳細をお父さんからきちんと聴取すれば、お父さんの常況は判断がつくと思います

土地を家族信託しておけば、安心

またご心配なら、お父さんに読み書き、会話や計算ができる今のうちに、「質問者」のあなたと家族信託契約をすることをすすめたいと思います(委託者:父、受託者:あなた、信託財産:換価予定の不動産と金融資産)。
家族信託は契約行為なので、成否はお父さんの事理弁識能力次第です。
公証人が契約能力を認め、銀行でもまた定期預金の解約等ができたとすれば、司法書士も登記事務を行うでしょう。
(信託では、契約当初に「父→あなた」への所有権移転と信託の登記を行います)

あなたが受託者になれば、売買契約が長期化しても何も心配はありません。
また契約相手も、先方の判断能力を危惧する必要がないので、契約の安全度は増すでしょう。

静岡県家族信託協会 石川秀樹

高齢期の諸問題について質問と相談を承ります。質問と相談はコチラから

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?
成年後見より家族信託』
この一冊があなたの“くらし”を変える!

.
石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

好評‼『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。
目次をご覧ください

(表紙)家族信託の本

静岡県家族信託協会でご購入なら送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。

★家族信託のパンフレット、刷新!

新版、16ページに倍増。無料で郵送。
家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。
《静岡県家族信託協会》

家族信託パンフレット

石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

本日のトップ5

  1. 1

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  2. 2

    ★認知症患者の預金、家族の引き出しOKは本当か!? 全銀協指針、本音は成年後見だ!!

  3. 3

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  4. 4

    ★認知症口座のからの代理引き出し、「2度目」はない!「指針」で成年後見リスクはかえって高まる!!

  5. 5

    ★家族信託のパンフレットをリニューアル。銀行口座を凍結される前に対策を‼

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。

★『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の《目次》はコチラから。

(表紙)家族信託の本

<著者石川が無料でご相談に答えます>
本235PのQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」に跳んでメールを送信いただけば、私が読者の問題に直接「答え」を差し上げます。
TOP