★幻冬舎オンラインで『成年後見より家族信託』の「キモ」をお読みいただけます!!

家族信託

幻冬舎GOLD ONLINEで、私の本の主要部分の一部が読めるようになりました。
7回連載で『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』より長文を抜粋します。
3月13日から掲載。すでに記事にはfacebookの100シェア超をいただきました。
今後、週1×7回連載+追加2回(私の最近のブログ記事から転載)となります。

幻冬舎Gold Onlineで始まった『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』の長文抜粋シリーズの1回目《クリックで記事が読めます》

 

認知症とお金の関係の超リスクを、多くの人は気づいていません。
認知症になったら、貯めてきた自分のお金がおろせなくなるかもしれない。》
それは庶民にとって、老後生活の死活を左右する大きな“出来事”になるはず。
ところがこの問題、「現実」の方がまったく遅れています。
銀行が「口座を凍結する」という挙に出ることさえ、ご存じない人がほとんど。

 

これでは自分を守れません。その無作為の不幸は、家族まで巻き込みます。
無作為、つまり「何も知らずに何もしないこと」はその人の罪ではないのに、ペナルティーは(「預金封鎖」ですからね)あまり重い。
目の前にある大きなお金を、自分のために1円も使えないなんて。
「あなたは認知症で、自分のしていることが分からないから」という、理不尽な理由で、です!
認知症は、必ず、金銭面でもあなたを苦しめます。

 

それは世の富裕層も同じ。
認知症→意思能力の喪失→契約行為不能、ということになれば、経営は止まる。
お金の流れも止まる。
それを管理するのは、あなたの家族ではなく「成年後見人」という赤の他人。
お金の問題による混乱は、必ずやあなたの家族を分断するでしょう。

 

途中を省略して、起こりそうな結果だけを書いているので、大げさに聞こえるかもしれません。
でも、「わが事!?」として、少しは関心を寄せてもらえませんか?
人は老います。致死率100%。
その手前で認知能力を失う人(100歳まで生きると仮定して)男性55%、女性85%~95%。
認知症は、いわば脳の機能不全、機械で言えば“故障”です。
永遠に正確に動く機械がないように、人の脳の機能も落ちていって当たり前。

 

例外なし!(と思った方がいいでしょうね)
ならば、賢い人がすることは一つ。
対策!! 
事前に起こり得る未来を予測して、手を打っておくことです。
それが、認知症になって成年後見制度に追い込まれないための、最良の選択です。
幻冬舎GOLD ONLINEでぜひ、私の記事を読んでください。

静岡県家族信託協会 石川秀樹

★本の中身抜粋 by 幻冬舎GOLD Online

 

 

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?
成年後見より家族信託』
この一冊があなたの“くらし”を変える!

.
石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

本日のトップ5

  1. 1

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  2. 2

    ★延命治療、始めたら本当に止められない!? もっと”出口”の話をしましょう

  3. 3

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  4. 4

    ★家族信託契約書の作成<料金表>

  5. 5

    ★成年後見費用、1000万円超の衝撃! 生涯コストは家族信託の10―30倍‼

★『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の《目次》はコチラから。

(表紙)家族信託の本

<著者石川が無料でご相談に答えます>
本235PのQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」に跳んでメールを送信いただけば、私が読者の問題に直接「答え」を差し上げます。

★家族信託のパンフレット、刷新!

新版、16ページに倍増。無料で郵送。
家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。
《静岡県家族信託協会》

家族信託パンフレット

石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。

好評‼『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。

TOP