★彼岸と此岸(しがん)のはざまで大切な人を想う

エッセイ

外気温35℃と車の表示にはあった。
暑い日になった。
所用を終え、久しぶりに歩いてみたくなった。
木陰が恋しい。
それで静岡市郊外の愛宕霊園の方角をめざした。
近くに小川、というより排水路がある。
コンクリート護岸、かなりの深さ。
でもその上は・・・・、昔から桜並木があり、
この工事をするため大半を伐ってしまったのだが、
その後、若木を植え返して鬱蒼となるまでになっている。

 

愛宕川沿いを歩いてみた

霊園に近い愛宕川沿いを歩いてみた

 

霊園に並行して川沿いをしばらく歩く。
先日亡くなった友のことを思い出していた。
74歳。食道がんだったらしいが難しい部分があったらしく、
正式な診断は医師でも下せなかったそうだ。
しばらく総合病院に通って抗がん剤治療を受けていたもののやめてしまい、自宅療養に代えて数か月、夜、容体が急変した。
思いもかけないあっけない死だった。

 

葬儀と通夜で夫人は「最期は私ににっこり笑って、主人らしいおしまいでした」と語っていた。
通夜では泣かず、葬儀で涙があふれ出た。
とても仲の良い夫婦だった。
そんな夫の死も、遺族は忙しく見送らざるを得ない。
友人たちにも病気のことは黙っていたから連絡に追われた。
通夜は追い立てられるようにやってきたに違いない。
1日たって、人として送る最後の機会になって夫人は泣いた。

 

あれから1週間。
歩きながらいつもの思いにとらわれていた。
私には悪い予感があって、家内より長生きするような気がしている。
それもとても長く。
95歳まで現役でいるような“確信”がある。
妻は3つ年下。もっても90歳が精いっぱいだろう。
私は2年間は、独りで生きなければならない。
とても長い・・・・。

 

友の夫人は68歳、私より少し年かさだ。
「女性は大丈夫だよ。男と違ってしたたかだから、
ひとりの生活をエンジョイするさ」
そんな無責任な思い込みが日本社会にはある。
なんたる偏見か。
さみしいに、女も男もあるものか。
その心の空洞を思いやるだけで言葉を失う。

 

彼岸と此岸(しがん)

彼岸と此岸(しがん)と言うのだろうか、本当は一体なのかもしれない

 

空き地ひとつ挟んで霊園が見える。
お墓の向こうに小高い丘。
その向こうは青い空に白い雲だ。以前は
あちら(彼岸)とこちら(此岸)と思っていた。
あの世、死者の側と、こちら、生者の側。
65歳にもなってなんと浅い見方だったかと思う。

 

私はまだ、本当に愛する人を喪っていない。
だから「あちら」と「こちら」で違和感がなかった。
でも人間は、突然いつも身近にいる人をなくしたら、
「いないこと」に納得なんかできないに違いない。
どうして「あちらの世界に行ってしまった」と思えるだろうか。

 

あっちとはどこか。
目の前に相棒がいる。
眠っているようにしか思えない。
永遠に起きない。
魂の入れものだった肉体は死んでもまだそこにある。
あるのに魂はもうどこかに消えた?
私は魂なんて信じない。
信じはしないが、なにもないというのは合点がいかない。
ましてや、こちらの世界ではないどこかに飛んで行ってしまったなんて、信じられない。

 

大切な人をうしなった人は、いつまでも存在を感じ続けるだろう。
向こうもこちらもない。
手は届かず、触れることはできなくても、
「いる」と感じ続ける方が自然なのではないか。
絶対的な存在を私は少しも信じたことがない。
でもその依怙地、この頃少し変わってきたように思う。
それが歳をとったということなのだろうか?
そうなら、歳をとるというのも悪くはない・・・・。

 

(初出:2015/7/13 最終更新2024/4/28)

静岡県家族信託協会
静岡県遺言普及協会

行政書士 石川秀樹(ジャーナリスト)

サイトのトップページへ

この記事を書いた人

石川秀樹 行政書士

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰
◆61歳で行政書士試験に合格。新聞記者、編集者として多くの人たちと接してきた40年を活かし、高齢期の人や家族の声をくみ取っている。
◆家族信託は二刀流が信念。遺言や成年後見も問題解決のツールと考え、認知症➤凍結問題、相続・争族対策、事業の救済、親なき後問題などについて全国からの相談に答えている。
◆著書に『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』。
◆近著『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』。
《私の人となりについては「顔写真」をクリック》
《職務上のプロフィールについては、幻冬舎GoldOnlineの「著者紹介」をご覧ください》

 

家族信託に関心がありますか? ※最新パンフレットを差し上げます
家族信託パンフ申込QR一般用家族信託の本出版に合わせ、より分かりやすく「家族信託」をご案内する16㌻のパンフレットを作りました。
家族信託は二刀流です。(A)認知症対策だけではなく、(B)生前の対策や思い通りの相続を実現させる最強のツールです。
AとBのテーマに合わせてパンフレットは2種類。資産状況やご自身の常況を記述できるヒヤリングシート付き。
紙版は郵送(無料)、PDF版はメールに添付の形でお届けします。このメールフォームか右のQRコードからお申し込み下さい。

 

◎おすすめ「家族信託の本」 
(※画像クリック・タップしてAmazonで購入できます)

▲『成年後見より家族信託……』

▲認知症対策の定番、ベストセラー

家族信託はこう使え

▲相続対策に使う家族信託の本

▲上記の本を改題(Kindle版)

▲最左の本を改題(Kindle版)

<「目次」のリンクから2つの本の“注目記事”をお読みいただけます> 
目次1 『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』
目次2 『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』

 

関連記事

特集記事

★ブログ記事 おすすめの読み方

家族信託の本❶『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』目次に、当ブログからの関連記事を多数リンクしました。また本の重要個所の抜粋もコラムにしてあります。書名❶❷をタップすると「目次」が開きます。随時お読みいただけば家族信託の関連情報を体系的に知ることができます。

★鎌倉新書で家族信託

「鎌倉新書」が運営するサイト「相続費用見積もりガイド」に私の事務所をページを設けました。
私は家族信託遺言を中核ツールとして全国で《相続対策》を行っています。
事例も紹介していますので、ぜひご覧ください。
ロゴから私の紹介ページにジャンプします。

 

 

★よくわかる家族信託の本、発売中!

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★私のおすすめ記事

  1. ★彼岸と此岸(しがん)のはざまで大切な人を想う

  2. ★待合室にて、話がやまない老婦人の孤独 「ぜ~んぶ、自分だから……」

  3. ★認知症の母の定期預金を解約できますか? 委任状は通用しない。銀行は自宅に電話し意思確認。困ったら「金融庁」の名を出そう

  4. ★「認知症だから成年後見、と思い込まないでください!』成年後見と家族信託はこんなに違う。ケアマネさんを前に熱弁、レジュメ公開しました

  5. ★なぜ銀行は、親の認知症を知るのか? 本人への意思確認は[委任状 ✕→本人に直接電話 〇]。難しくなった家族の代理!

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

パンフレットをどうぞ
2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。

★家族信託などの料金表

家族信託二刀流
認知症➤凍結対策 & 相続をもっと自在に!!
2つのパンフレット
申込みは ↑ コチラ‼

★家族信託は全国対応しています

TOP