★認知症の家族をどう守る? 悩んだらこの本<4刷出来>

表紙カバー350px認知症の家族を守れるのはどっちだ
成年後見より家族信託

A5判242ページ、本文カラー、1800円+税
親のお金が使えない、NHK「クローズアップ現代+」も注目!
成年後見か、家族信託か、答えはこの本に。
今すぐAmazonで購入

特典付きで著者から購入

★超高齢人生はどしゃ降り⁉ お金、認知症、家族のこと

本まえがき「嵐」

まえがき

 

最近、「人生100年時代」と聞くことが多くなりました。頭では、よーくわかっています。
今は80歳で人生は終わらない。もしかしたら100歳まで生きてしまうかもしれない。この追加の20年は………
思考はいつもここで止まってしまいます。

 

そこで走り描きしてみました。1周回って、まだ先があります。

 

80歳過ぎてからがスムーズに描けませんでした。つまずき、つまずき、やっとゴール。いやはや、この20年、ずいぶん長いですねぇ。60歳からゴールまで「いよいよ人生第4コーナーだ」と、昔の人は考えました(といっても、ほんの10年と少し前の「昔」ですが)。80歳がゴールだと考えれば“第4コーナー”というたとえは当たっていました。でも今は……

 

そこから先、さらに20年あるのだとすると、「コーナー」というには長すぎます! サラリーマン時代はだいたい40年。それに匹敵する期間ですから、“老後時代”と言うべきでしょうか。

 

「60歳」と言えば、まだ若い盛りです。昔の唄に『村の渡しの 船頭さんは ことし六十のおじいさん』というのがありましたが、今は“おじいさん”どころではありません。でもその若さと元気、80歳まで続く人は滅多にいません。70代後半からの衰えは急。さらにそこから先の20年は、たぶん、どしゃ降りです。

 

人生第5コーナーはだいぶ過酷」、というのがこの本のテーマです。雨やあらしが吹くかもしれない。
お金は大丈夫ですか?
あなたは認知症になりませんか?
家族はいますか?
きずなはありますか?

 

自分がしっかりしている時ならともかく、心身ともに衰えを感じているときに、お金認知症家族という3つの不安をあなたは抱えるかもしれないのです。

 

「お金は大丈夫。老後に備えて貯めてきましたから」

 

そうですね。あなたはコツコツ貯めてきてウン千万円の金融資産をお持ちです。で、今その資産、すぐ使えるお金になっていますか? 定期預貯金、生命保険、株や投資信託になっていませんか?

 

あなたは認知症にならない人でしょうか。統計的には3人に1人の確率だともいわれます。だから運が良ければあなたは免れるかもしれない。でも、80歳、90歳になればどなたでも気力、判断力は落ちてきます。脳梗塞のリスクをかかえ、事故にあう確率も高くなる。認知症でなくても、意思能力を失う可能性は、低くはないのです。

 

その時に、使えるお金(つまり現金またはカードで引き出せるお金)がないと、あなたはすぐに経済的に行き詰まります。先ほど言った大きなお金、定期預金、生保、株や投資信託は、あなたに意思能力がなくなると金融機関に凍結されて“使えないお金”になってしまいます。預貯金は、同居する家族が交渉しても解約、引き出しができません。

 

でも大丈夫、そんな時に備えて介護保険制度を用意したし、成年後見制度も作りました、と国はいうかもしれません。
実は、「成年後見」がこの本の隠れた重要なテーマです。「とても使いにくい制度だ」という意味で。ふつうの家族がこれを使ったらもう大変。ほぞをかむことになります。

 

代わりに私は、「家族信託」という新しい財産管理法を推しています。認知症や高齢期のマネー対策として、使えます。だからこの本は「家族信託」を知ってもらうために書きましたが、<人生第4、第5コーナーのためのマネー学>としても活用してほしいと願っています。

 

なぜなら、私が想定していた以上に、「お金が凍結されて困った!」問題が大きくなっているからです。困った挙句、成年後見申し立てをする人が増えてきました。悪循環です。

 

法律にかかわる人間として、この制度の意義は承知しています。人生100年時代だからこそ、うまく活かしたい、とも思います。しかしジャーナリストの私は、この制度はふつうの家族を傷つける、大げさで、高飛車で、人間の気持ちがわかっていない者たちが「理屈」だけで運用を始めてしまった制度ではないか、と感じています。成年後見人候補としての「家族」を隅に追いやり、司法書士、弁護士等の士業後見人を7割以上も使うようになった今、その傾向はますます強まっていくでしょう。

 

この窮状を救わなければなりません。お金のことでふつうの家族を成年後見制度に追いむことは、この制度の本旨ではありません。しかし現実には「必要なお金なのに本人も家族も引き出せなくなっている」ために、ふつうの人々がこの成年後見制度に駆け込まざるを得なくなっているのです。

 

これから書くことが、皆さまのお役に立つことを願っています。

 

 

(表紙)家族信託の本A 超入門 家族信託の本
認知症対策なら成年後見より「家族信託」
私がそう信じるわけを書きました。
やさしく解説、深い内容‼
豊富な事例

※本書の内容を詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
※質問、相談もできます。著者が直接回答いたします。

 

ジャーナリスト 石川秀樹相続指南処行政書士

■■ 静岡県家族信託協会 ■■

関連記事

  1. X氏2

    第1章 X氏はなぜ家族信託をしたか2

  2. ★代理人カードを使え! 認知症による口座凍結を回避

  3. ★「成年後見人をつけなければ財産が国に持っていかれる」だって⁉ 医師がミスリード

  4. 動かせるお金にしておけ

    ★100歳・認知症時代だ、「動かせるお金」にしておけ‼

  5. 成年後見と家族信託の比較

    ★成年後見より家族信託を使え‼ 認知症対策を徹底比較

  6. 後悔(使ってはいけない成年後見)

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  7. ★認知症の母の定期預金を、普通預金に換えられますか?

  8. ★家族信託の契約、「認知症と診断されたら即アウト」ではない!

★<新版>家族信託のパンフレット、16ページに倍増!

家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

★『大事なこと、ノート』

老後の“あんしん計画”
『大事なこと、ノート』
お申し込みはコチラから。

 

大事なこと、ノート

Bサイトへ(バナー)

★私の著作から

プロローグ雲

★超高齢人生はどしゃ降り⁉ お金、認知症、家族のこと

プロローグb

★プロローグ 家族信託とは何か 「あなたの“分身”をつくる仕組み」です

X氏1b

第1章 なぜX氏は家族信託をしたか

★あなたの「困った!」に回答

質問をどうぞa2

★静岡県家族信託協会

080-3202-0207
祝日以外はいつでもどうぞ。

★おすすめ度ランキング

  1. 凍る話
  2. 動かせるお金にしておけ

★最近の記事

  1. たそがれ(プロフィール)
  2. もう1つのポケット
  3. 不動産オーナーの家族信託
  4. 後見をどうする?悩みは尽きません

★『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。
目次をご覧ください

(表紙)家族信託の本

静岡県家族信託協会でご購入の場合、送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。
PAGE TOP