★老境を少し理解できる年齢になりました──最新、私のプロフィール

エッセイ

ジャーナリスト石川秀樹です。
今は「家族信託」の専門家。
相続対策の総合プロデューサーとして
静岡市で行政書士事務所を開いています。

老後は、財産があってもなくても問題山積みですね。
私は今68歳。まだ「老境」なんて全然わかりません。
一昨年正月、90歳の父が脳梗塞で倒れました。
年賀状の返事を書きに事務所に行き、帰宅してようやく私は異変に気づきました。
貴重な数時間をひとりでいたため回復不能。
医師から5日目に「鼻からチューブ、どうしますか?」と尋ねられました。
経鼻胃管栄養、「延命どうしますか?」と聞いているのでしょう。
高齢だとこうして命を”値切られる”のか………。
「父はまだ生きているのだよ」私は無論、医者をにらみつけました。
(こいつ、息子の私に生死の判断を求めようとしている!)

父はほどなくして回復、リハビリに励み自力摂食に戻りました。
しかし半年後、誤嚥をきっかけにチューブに戻された後は痰が喉に絡み苦しみました。
誤嚥肺炎を繰り返しながらも口から食べるための努力はやめず、まさに病いと戦う日々。
脳梗塞から1年半後、命を使い切って亡くなりました。

父は「風邪をひいた」「紙で指を切った(父は書家なので)」など小さな病気やケガにはぐずぐずいうのに、
今回の病気についてはただの一言も愚痴をこぼしませんでした。
<命の限り生きていいんだな>と、父の変化を私は勝手に解釈してそう合点したのです。
私も少し歳をとったのかも。

夫婦仲良くいつまで生きていられるでしょうか。
ひとりになったらどれだけ寂しいだろうかと、たまに想像します。
老後の問題はいろいろあるでしょう。
でも、ひとりで悩まなくていいんじゃないかな。
みんな同じ。
平気な顔をしていられるのは家内がいてくれるおかげです。
頼っているんです。

 あなたの問題はなんですか?
その正体が分からなくて、なお不安なのかもしれません。
そういう方の「不安」をお聴きしたいと思います。
相続対策なんて野暮なこと言わないで、なんでもご相談ください。
真剣に聴いて、そして全力で考えます。
専門知識を持った仲間たちもいますから、
大丈夫、必ず答えは見つけられると思います。
一緒に答えを探していきましょう!

石川秀樹

〈取扱い業務)
家族信託はオーダーメードの、生前から始める相続対策です。
そうです、家族信託は二刀流。認知症と相続の問題を解決します。
「遺言を書きたい」「相続税対策」「事業承継」を考えている方はご連絡ください。
著書に『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』
『家族信託はこう使え 認知症と相続  長寿社会の難問解決』

石川秀樹行政書士事務所
・住所:静岡市葵区沓谷一丁目3-16
・TEL:054-246-0924      080-3202-0207
・Fax:054-246-0924
・E-mail:hide.27.mail@gmail.com
・WEB:https://kazokushintaku-shizuoka.net/
関連記事 ※実は私、60歳の受験生でした。
★人生に「遅すぎ」なんてない !! 白けた心に、61歳の挑戦が火をつけた。

<詳しい経歴や業務上の実績などはコチラをお読みください> 
◎幻冬舎GoldOnlineの「著者紹介 石川秀樹

<初出2018/9/10、最終更新2022/11/24>

関連記事

特集記事

★よくわかる家族信託の本、発売中!

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

パンフレットをどうぞ
2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。
家族信託二刀流
認知症➤凍結対策 & 相続をもっと自在に!!
2つのパンフレット
申込みは ↑ コチラ‼
TOP