★「延命のための延命は拒否」だって!? 命の問題に“空想”は無用だ!

エッセイ

先日書いたブログ記事をFacebookに紹介しようとしたところ、かなりの長文になってしまった。
延命のための延命は拒否」という言葉に反応して、「それは違うでしょ!」と声を荒げたような記事だった。

■「75歳になったら」命を値切る⁉

この記事を書いたのは5月5日。
原文はコチラ▼▼▼▼▼

家族に起きたある事件が、私の従来からの「延命」に対する意見を180度変えさせた。
そんな折しも、朝日新聞にこんな記事が載った。

「75歳以上は、透析や胃ろうなどの延命措置は原則として施さず、希望する場合は全額自己負担とすべきだ」
───2016年4月30日、朝日朝刊「フォーラム」面で100歳老人の馬詰さんという人の発言を紹介した。

いささか乱暴だなぁ、と思った。
100歳老人だから馬詰さんは「老人の代表」なのだろうか。

異質な意見だと思う。
無用な延命は止めたい、と考える私でもこういう発想は持たない。
病は、その症状、生命に対する危険度、患者本人の病への立ち向かい方など、1例1例個別的であり、“格別”である。
それを一律、「75歳になったら命を値切る」ような施策は、乱暴すぎる。

 

■「命の限りは自分で決める」は錯覚だ

父90歳、書家。脳梗塞にひどくやられ右半身マヒ、嚥下障害が出て鼻からチューブの経管栄養法で何とか命を取り留めている───そんな父の”再生劇”を私はこの半年間、見続けてきた。

父のいた病室。たまにスマホも見ていた

父のいた病室。たまにスマホも見ていた

 

そもそも「延命のための延命」なんてあるのか。
言葉だけ浮わついているように感じる。
とてもうのみにできないが、この頃、多くの人がうのみにして「うなずいて」しまっているように見える。
延命のための延命」なんて、健全な医療現場にはないだろう!
どれも「理由があっての延命」のはずだ。

それと、もうひとつ。
これは私自身が陥っていた”罠(わな)”と言うのか、錯覚というべきか───
「延命拒否」という言葉には、自分の命の限りを自分で決める、自分なら決められる、決められるのが理性的で合理的な人間、という思い込みがあるような気がする。

しかし、私はいま、宗旨を変えた。
この数か月、父の闘病を見て、
「”私なら決められる”ということはないな」と思い始めている。
決めていたところで、病との立ち向かい方ひとつで希望したり絶望したり、結果に一喜一憂しながら「命」に対する姿勢もめまぐるしく変わりそうだ。
元気だったころに思っていた「無用な延命は拒否したい」なんて思いは、病んだ当事者になったら、怖くて言い出せないだろう。

 

■頭で考えた「論」は通用しない

それに重篤な病に冒されたということは、「自分で選択せよ」と言われたところで、「選択」を冷静に判断できるような意識状態ではないということだろうし、たとえ意識が清明であったとしても、ふつうの人間が「ではこうしてください」と言えるほど、病況の把握にたけているとも思えない。
病いのことはプロの判断にお任せするしかない。
患者(や家族)に「どうしますか?」と聞くのは、医療者側のエクスキューズ。
<あなたが決めたんですからね>と言っているだけのことだ。

実際の現場は、”やわな延命拒否”意識など消し飛んでしまうような“戦場”であり、かつ戦場が日常になっている医療・看護・介護スタッフの意識はドライでタフだ。
「頭でしか考えていない論」がまかり通るような世界ではない。

それなのに新聞紙上では、こんなピント外れな「思い」が語られ、それに大いに引きずられて「私、延命のための延命は、拒否」などという空気が広がっていく。
本気で、心底そう思えるかどうか、もっと医療や看護、介護現場のことを知ってから自分の「思い」を定めてほしい。

命の問題に“空想”は無用だ!

<初出:2016/6/5 最終更新:2024/4/7>

■   □   ■

★PDF版『大事なこと、ノート』を作りました!

「延命は拒否する」と言うのは簡単ですが、命を投げ出す”予約”を健康な今のうちに自分で決めおくのがいいのでしょうか……。
老後は長いです。平穏に生きていることでさえ、実は容易ではない。
そんな自分が、いきなり死期や死後のあれこれについて注文つけるのは早計。
もっと考え尽くしてから、決めるべきかと思います。

一方、周囲の人が調べ直さなくて済むように、私の死後の煩雑な事務については、必要にして十分な個人情報を開示しておくべきでしょう。
なので、エンディングノートではなく、「大事なこと(を告げておくための)ノート」を作りました。
よろしければ、あなたに差し上げます。
考えるきっかけにしていただければ幸いです。

ヒント30px『大事なこと、ノート』PDF版は、下の囲みからお申し込みください。
    見出し又は画像をタップ/クリックすると、申込メールフォームにジャンプします


※PDF版なので、必要ページを印刷してクリアファイルなどに保存してください。
気持ちが変わった時には、いつでも書き換え、追記できることが「利点」かと思います。
保険証・介護保険証・生命保険の証書・権利証なども一緒に保管しておけば、文字通りあなたの『大事なこと、ノート』になるでしょう。

『大事なこと、ノート』の詳しい解説はコチラ▼▼▼をご覧ください。



■   □   ■

《延命を考える》関連記事 =掲載日順

2016/1/12
★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に決断を迫られる!
2016/1/19
★父の「鼻からチューブ」で考えたこと。延命の可否、軽々には決められない!
2016/1/22
★父の病室にて 『人間なんて…』と思わないようにした………
2016/1/24
★よい病院、悪い病院──自分の命だ、患者も家族も真剣にならなければ守れない!
2016/5/5
★「延命のための延命は拒否」でいいですか⁉ 最期の医療めぐるおかしな“空気”
2016/6/3
★「寝たきり100歳社会」の悪夢、だって!?──人間はスゴイぜ!生き抜かなければ人生の価値は分からない
2016/6/5
★「延命のための延命は拒否」だって⁉ 命の問題に“空想”は無用だ!
2016/7/2
★延命処置、始めたら本当に止められない?! もっと”出口”の話をしませんか?

2016/7/27
★鼻チューブ・嚥下障害……やがて口から摂食。父は”今の自分”を生き切っている!
2016/9/16
病院よ、医者を見ずに患者をみてよ! 「診断書」遅延でわかった医療機関の体質
2017/1/3
★「鼻チューブ」から満1年、父は「花ひらく」と書初めした!

2017/6/22
★延命に対するあえて”私的なお願い書”!「尊厳死」などと猛々しくなく
2018/6/8
★延命拒否より“命を使い切る”選択!原点から180度変化した私
2018/6/26
★《決定版!》最期の医療へ「私のお願い書」、軽々しく「延命拒否」とは書かない!!

2019/4/10
★『大事なこと、ノート』第5刷でPDF版に!エンディングノート的要素を外し、百歳長寿時代を生きるためのノートに変えました
2022/12/7
★気軽に<延命拒否>だなんて言うな ! 今の医療は即実行。考え抜いて決断しないとヤバイ。『大事なことノート』活用下さい
2023/1/30
★『大事なこと、ノート』を刷新、PDF版に! 自身の後期医療を託す《医師へのお願書》付き
 番 外  
★『大事なこと、ノート』PDF版の申込メールフォームです(無料)

静岡県家族信託協会
行政書士 石川秀樹(ジャーナリスト)

サイトのトップページへ

この記事を書いた人

石川秀樹 行政書士

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰
◆61歳で行政書士試験に合格。新聞記者、編集者として多くの人たちと接してきた40年を活かし、高齢期の人や家族の声をくみ取っている。
◆家族信託は二刀流が信念。遺言や成年後見も問題解決のツールと考え、認知症➤凍結問題、相続・争族対策、事業の救済、親なき後問題などについて全国からの相談に答えている。
◆著書に『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』。
◆近著『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』。
《私の人となりについては「顔写真」をクリック》
《職務上のプロフィールについては、幻冬舎GoldOnlineの「著者紹介」をご覧ください》

 

家族信託に関心がありますか? ※最新パンフレットを差し上げます
家族信託パンフ申込QR一般用家族信託の本出版に合わせ、より分かりやすく「家族信託」をご案内する16㌻のパンフレットを作りました。
家族信託は二刀流です。(A)認知症対策だけではなく、(B)生前の対策や思い通りの相続を実現させる最強のツールです。
AとBのテーマに合わせてパンフレットは2種類。資産状況やご自身の常況を記述できるヒヤリングシート付き。
紙版は郵送(無料)、PDF版はメールに添付の形でお届けします。このメールフォームか右のQRコードからお申し込み下さい。

 

◎おすすめ「家族信託の本」 
(※画像クリック・タップしてAmazonで購入できます)

▲『成年後見より家族信託……』

▲認知症対策の定番、ベストセラー

家族信託はこう使え

▲相続対策に使う家族信託の本

▲上記の本を改題(Kindle版)

▲最左の本を改題(Kindle版)

<「目次」のリンクから2つの本の“注目記事”をお読みいただけます> 
目次1 『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』
目次2 『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』

 

関連記事

特集記事

★ブログ記事 おすすめの読み方

家族信託の本❶『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』目次に、当ブログからの関連記事を多数リンクしました。また本の重要個所の抜粋もコラムにしてあります。書名❶❷をタップすると「目次」が開きます。随時お読みいただけば家族信託の関連情報を体系的に知ることができます。

★よくわかる家族信託の本、発売中!

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

パンフレットをどうぞ
2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。

★家族信託は全国対応しています!

★家族信託などの料金表

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。
家族信託二刀流
認知症➤凍結対策 & 相続をもっと自在に!!
2つのパンフレット
申込みは ↑ コチラ‼

★家族信託は全国対応しています

TOP