★子のない夫婦。夫の妹夫婦に”遺産”を狙われている/[遺言を書いておく]が今できる対策

家族信託

姪まで使ってあれこれ接近


子どものいない夫婦です。
夫は65歳、私が60歳。
調子ばかりよい、夫の妹夫婦から財産を狙われているような気がします。
姪まで使って、私の老後感まで詳しく聞いてきます。
どうやら、私たちが遺すマンションや現金が狙われているようです。

私たちの希望は、以下の2つです。
①一方が亡くなった時は、他の親族に一切の相続をさせめず、夫または私に全て相続させる。
②残された者が亡くなった時は、他の親族に一切相続させず、社会福祉の基金に全財産を寄付する。
このようにするには、どうしたら良いでしょうか。

兄弟姉妹には「遺留分」なし


質問者の親御さまもご存命ではありませんね。
それなら、あなたの希望は「遺言」を書くことで、難なく実現します。

あなたたちご夫婦が共に亡くなられた時の法定相続人は、<相続人関係図>で見る通り、夫の妹ただ1人です。
あなたが先に亡くなったときは、あなたに兄弟姉妹がいなければ、夫がすべての財産を受け取ります。
あなたに兄弟姉妹がいる場合は、あなたの財産のうち夫が3/4、あなたの兄弟姉妹が残り1/4の法定相続分を得ます。
一方、夫が先に亡くなると、あなたは夫の財産の3/4、夫の妹もまた1/4の法定相続分を得ることになります。

しかし「被相続人(亡くなった人)の兄弟姉妹」は第3順位の法定相続人ですので、(第1順位の「子」、第2順位の「親」と違い)遺留分がありません。ですからあなたの夫が「妻に全財産を相続させる」という遺言を書きさえすれば、夫の妹や姪(姪の場合は、夫の相続が発生した時点において母が亡くなっていた時には、代襲相続人になる)の野心を、封じることができます。
※遺留分=第1、第2順位の法定相続人が持つ「法定相続分のうちの一定額」を取り戻せる権利。
あなたの両親がご存命ではなく、かつあなたに兄弟姉妹がいない場合、あなたは遺言を書かなくても、あなたの財産はすべて夫に相続されます。

さて、あまり考えたくないことですが、あなたが夫に先立つ可能性がないわけではありません。
その場合には、夫の全財産は「社会福祉の基金」に寄付する予定でしたね。
これを実現するには「予備的な遺言」として、

遺言執行者は必ず指定しておく

[もし妻○○が私に先立って死亡していた時には、私のすべての全財産は「社会福祉基金△△△△(代表者名、所在地)」に遺贈するものとする。]
と書いておく必要があります。

なお財産の表記は、「全財産」「財産の半分」「財産のうち3分の1」などと大雑把に書く場合もあるし、
一つひとつ個別に網羅していく書き方もあります。
今回は「妻が先立ち、私も死亡したときに遺っているすべての財産」という書き方でよろしいと思います。

また一般的に、遺言を書く時には必ず「遺言執行者」を指定しておいてください。
この指定がないと、財産の分配時にもめる可能性が残る可能性があります。
遺言執行者は、身内でも、遺産を現に相続する人、または第三者の専門家等でも構いません。

さらに付け加えるなら、福祉団体・組織によっては、遺贈を受ける財産を「金融資産のみ」としているところもありますから、事前に情報を得ていた方がよろしいでしょう。
遺言執行者に、換金性のない財産を適宜に処分する権限も与えておくことも、遺言の技術の1つです。

<初出:2019年1月29日>
行政書士/ジャーナリスト 石川秀樹(静岡県遺言書協会)

 

家族信託は全国対応しています。

あなたの家でお悩みの問題をお聴かせください。
成年後見制度に委ねるより、家族信託という手法を使う方が悩み解消につながるかもしれません。
家族信託は委託者と受託者の契約ですから、すべての事案でオーダーメイドの対策を講じることができます。
成年後見人は意思能力を失った本人の代理なので、将来へ向けての「対策」は一切できないのです。
家族信託なら財産管理から相続対策のことまで、契約の中に盛り込むことができます。
《このようにしたい》という想いがあれば、受託者に動いてもらえます。
実際にあなたはどのような問題を解決したいですか?
メールフォーム「ボタン」から相談したいことを、具体的にメールにお書きください。
石川秀樹が専門家としてご家族にとって最良の解決方法を考え、お答えします。

メールフォーム

※異変に気づいたらすぐにご相談ください。相談は無料です。

メールフォーム

※「後見被害」については相談をお受けできません。
紛争性があるので弁護士しか解決できないのです。

サイトのトップページへ

この記事を書いた人

石川秀樹 行政書士

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰
◆61歳で行政書士試験に合格。新聞記者、編集者として多くの人たちと接してきた40年を活かし、高齢期の人や家族の声をくみ取っている。
◆家族信託は二刀流が信念。遺言や成年後見も問題解決のツールと考え、認知症➤凍結問題、相続・争族対策、事業の救済、親なき後問題などについて全国からの相談に答えている。
◆著書に『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』。
◆近著『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』。
《私の人となりについては「顔写真」をクリック》
《職務上のプロフィールについては、幻冬舎GoldOnlineの「著者紹介」をご覧ください》

 

家族信託に関心がありますか? ※最新パンフレットを差し上げます
家族信託パンフ申込QR一般用家族信託の本出版に合わせ、より分かりやすく「家族信託」をご案内する16㌻のパンフレットを作りました。
家族信託は二刀流です。(A)認知症対策だけではなく、(B)生前の対策や思い通りの相続を実現させる最強のツールです。
AとBのテーマに合わせてパンフレットは2種類。資産状況やご自身の常況を記述できるヒヤリングシート付き。
紙版は郵送(無料)、PDF版はメールに添付の形でお届けします。このメールフォームか右のQRコードからお申し込み下さい。

 

◎おすすめ「家族信託の本」 
(※画像クリック・タップしてAmazonで購入できます)

▲『成年後見より家族信託……』

▲認知症対策の定番、ベストセラー

家族信託はこう使え

▲相続対策に使う家族信託の本

▲上記の本を改題(Kindle版)

▲最左の本を改題(Kindle版)

<「目次」のリンクから2つの本の“記事抜粋”をお読みいただけます> 
目次1 『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』
目次2 『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』

 

関連記事

特集記事

★ブログ記事 おすすめの読み方

家族信託の本❶『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』目次に、当ブログからの関連記事を多数リンクしました。また本の重要個所の抜粋もコラムにしてあります。書名❶❷をタップすると「目次」が開きます。随時お読みいただけば家族信託の関連情報を体系的に知ることができます。

★鎌倉新書で家族信託

「鎌倉新書」が運営するサイト「相続費用見積もりガイド」に私の事務所をページを設けました。
私は家族信託遺言を中核ツールとして全国で《相続対策》を行っています。
事例も紹介していますので、ぜひご覧ください。
ロゴから私の紹介ページにジャンプします。

 

 

★よくわかる家族信託の本、発売中!

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★私のおすすめ記事

  1. ★彼岸と此岸(しがん)のはざまで大切な人を想う

  2. ★待合室にて、話がやまない老婦人の孤独 「ぜ~んぶ、自分だから……」

  3. ★認知症の母の定期預金を解約できますか? 委任状は通用しない。銀行は自宅に電話し意思確認。困ったら「金融庁」の名を出そう

  4. ★「認知症だから成年後見、と思い込まないでください!』成年後見と家族信託はこんなに違う。ケアマネさんを前に熱弁、レジュメ公開しました

  5. ★なぜ銀行は、親の認知症を知るのか? 本人への意思確認は[委任状 ✕→本人に直接電話 〇]。難しくなった家族の代理!

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

パンフレットをどうぞ
2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。

★家族信託などの料金表

家族信託二刀流
認知症➤凍結対策 & 相続をもっと自在に!!
2つのパンフレット
申込みは ↑ コチラ‼

★家族信託は全国対応しています

TOP