★「100年人生の諸問題」に専門家チームが回答します!

Q&A
高齢期の諸問題について質問と相談を承ります。質問と相談はコチラから

 

人生100年時代です。
寿命を20年延びるかもしれない。
それは希望ではありますが………。
多くの人は、不安を感じています。
お金が足りなくなるかもしれない、
認知症になったら………。
現に、銀行にオカネが凍結されています

 

あなたが貯めてきたオカネが使えない!
子から見れば、親のオカネが使えない
『そろそろこちらも老後の準備を』と思っていたのに、その上、親の費用を私が払はなければならないなんて………。

 

認知症の大問題‼
徘徊や異色、攻撃性、物盗られ妄想………ばかりが問題ではありません。
認知症の大問題は、オカネです!

 

でも、多くの人がこういう時代になっていることに、気づいていません
知らないことはあなたの罪ではない、とは思います。
でも“不用意”のツケはあまりに大きい。
あなたの不用意は罪です
生活を破壊します。
その破壊に家族を巻き込みます!
私、認知症⁉
と思ったら、家族と相談して「対策」をしなければいけないんです、本当は。

 

人は自尊心があるから、『私、おかしい………』を隠します。
黙っています。
黙っているうちに病気は進行してしまう。
本当に認知症が進めば、成年後見制度を使うかどうかの問題になるしかありません。

 

●あなたの「困った」に回答します

静岡県家族信託協会は、ふつうの家の「困った」を解決するために、専門家が集まりました。
認知症家族信託成年後見、遺言相続、マネーや保険、不動産、介護と支援、自宅の年金化……、。
困っていても「誰に聞いていいかわからない」、そうした個別の悩みに、お答えします。
新たに「Q&Aコーナー」も設けました。
質問には個別に回答し、一般性のある問題は本サイトでアレンジして公開しています。
[サイト公開時、個人が特定されないように配慮します。詳細はコチラ

(トップ記事)線路新新a

 

高齢期の諸問題について質問と相談を承ります。質問と相談はコチラから

 

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?
成年後見より家族信託』
この一冊があなたの“くらし”を変える!

.

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

本日のトップ5

  1. 1

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  2. 2

    ★ゆがんでしまった成年後見、庶民の思いとズレている!《 家族信託と比較した》

  3. 3

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  4. 4

    ★延命治療、始めたら本当に止められない!? もっと”出口”の話をしましょう

  5. 5

    ★家族が成年後見人になれない15の理由

★『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の《目次》はコチラから。

(表紙)家族信託の本

<著者石川が無料でご相談に答えます>
本235PのQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」に跳んでメールを送信いただけば、私が読者の問題に直接「答え」を差し上げます。

★家族信託のパンフレット、刷新!

新版、16ページに倍増。無料で郵送。
家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。
《静岡県家族信託協会》

家族信託パンフレット

石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。

好評‼『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。

TOP