★「100年人生の諸問題」に専門家が回答します!

Q&A

人生100年時代です。
寿命を20年延びるかもしれない。
それは希望ではありますが………。
多くの人は、不安を感じているのでは?
老後のお金が足りなくなるかもしれない、
認知症になったら………。
現に、銀行に預金が凍結される恐れがあります

 

あなたが貯めてきたお金が使えない!
子から見れば、親のお金が親自身のために使えない
『そろそろこちらも老後の準備を』と思っていたのに、その上、親の医療や介護費用を私が負担するの………?

 

認知症の大問題‼
徘徊や異食、攻撃性、物盗られ妄想………ばかりが問題ではありません。
認知症で困ることは、自分のお金が使えなくなるかもしれないということです!

 

でも、多くの人が<こんな時代になっている>ことに、気づいていない
知らないことはあなたの罪ではない、とは思います。
でも“不用意”のツケはあまりに大きい。
あなたの不用意は罪です
生活を破壊します。
その破壊に家族を巻き込みます!
私、認知症⁉
と思ったら、家族と相談して「対策」をしなければいけないんです、本当は。

 

人は自尊心があるから、『私、おかしい………』を隠します。
黙っています。
黙っているうちに病気は進行してしまう。
本当に認知症が進めば、成年後見制度を使うかどうかの問題になるしかありません。

 

●あなたの「困った」に回答します

静岡県家族信託協会は、ふつうの家の「困った」を解決するために、専門家が集まりました。
認知症家族信託成年後見、遺言相続、マネーや保険、不動産、介護と支援、自宅の年金化……、。
困っていても「誰に聞いていいかわからない」、そうした個別の悩みに、お答えします。
新たに「Q&Aコーナー」も設けました。
質問には個別に回答し、一般性のある問題は本サイトでアレンジして公開しています。
[サイト公開時、個人が特定されないように配慮します。詳細はコチラ

(トップ記事)線路新新a

 

高齢期の諸問題について質問と相談を承ります。

 

メールで質問&相談

関連記事

特集記事

★ブログ記事 おすすめの読み方

家族信託の本❶『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』目次に、当ブログからの関連記事を多数リンクしました。また本の重要個所の抜粋もコラムにしてあります。書名❶❷をタップすると「目次」が開きます。随時お読みいただけば家族信託の関連情報を体系的に知ることができます。

★鎌倉新書で家族信託

「鎌倉新書」が運営するサイト「相続費用見積もりガイド」に私の事務所をページを設けました。
私は家族信託遺言を中核ツールとして全国で《相続対策》を行っています。
事例も紹介していますので、ぜひご覧ください。
ロゴから私の紹介ページにジャンプします。

 

 

★よくわかる家族信託の本、発売中!

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★私のおすすめ記事

  1. ★彼岸と此岸(しがん)のはざまで大切な人を想う

  2. ★待合室にて、話がやまない老婦人の孤独 「ぜ~んぶ、自分だから……」

  3. ★認知症の母の定期預金を解約できますか? 委任状は通用しない。銀行は自宅に電話し意思確認。困ったら「金融庁」の名を出そう

  4. ★「認知症だから成年後見、と思い込まないでください!』成年後見と家族信託はこんなに違う。ケアマネさんを前に熱弁、レジュメ公開しました

  5. ★なぜ銀行は、親の認知症を知るのか? 本人への意思確認は[委任状 ✕→本人に直接電話 〇]。難しくなった家族の代理!

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

パンフレットをどうぞ
2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。

★家族信託などの料金表

家族信託二刀流
認知症➤凍結対策 & 相続をもっと自在に!!
2つのパンフレット
申込みは ↑ コチラ‼

★家族信託は全国対応しています

TOP