おすすめの記事 PICK UP!

★「認知症」でお金が止められる⁉ 衝撃事実で、重版出来‼

表紙カバー350px
認知症の家族を守れるのはどっちだ
   成年後見より家族信託
A5判260ページ、本文カラー、1800円+税
親のお金が使えない、NHK「クローズアップ現代+」も注目!
凍結されやむなく成年後見? 元気なうちに、家族に信託?
家族の認知症でお悩みの方、ヒントをつかんでください。
本書の詳しい内容をお知りになりたい方はコチラをクリック
↑ 注文フォームから著者に直接、質問、相談ができます。

★遺言書作成をお手伝い<料金表>

遺言

自筆遺言書の文案作成 5-10万円

標準報酬額5万円から。コンサルティング料金を含みます(検認手続きについてもご説明します)。
【注】戸籍収集は1通1000円、不動産など登記事項証明書収集は1通700円の収集手数料(役所等への交付料金は別)。

 

遺言書の保管についてはお引き受けしておりません。
2020年7月10日から自筆遺言書は、遺言者本人が出頭して法務局に届けると同局が保管してくれることになりました。家庭裁判所で検認を受ける必要もありません。

ご希望があれば、遺言執行者お引き受けいたします。

遺言執行者 最低報酬額10万円から

(新サイト)遺言執行料金

お問い合わせ

公正証書遺言 8万円~20万円

公証役場で公証人に有料で作成してもらう遺言証書です。
公正証書遺言の作成支援を依頼されますと、以下のように手続きが進みます。

➀受任者が遺言者と面談し、遺言に盛り込みたい内容をお聴きしメモします。
法律的に問題はないか、相続人の遺留分を侵害していないかなどをアドバイスし案文にまとめます。
②受任者が公証役場に連絡し、➀で作成した案文を伝え公証人と内容の確認や検討を行います。
③内容に問題がなければ、公証人から求められた必要書類を用意し公証役場へ届けます。
④公証役場で書類を確かめながら正確な文章にし3通の公正証書<原本・正本・謄本>を作成します。
⑤公正証書遺言の作成時には証人2人の立ち会いが必要なので選任します。
※1 相続財産の受取人となる人(推定相続人)とその配偶者、直系血族は証人になれません。
⑥遺言者と公証人で公証役場に行く日程を調整します。
⑦決められた日に遺言者、証人2名が公証役場で遺言内容を確認し、問題がなければ遺言者、公証人、証人2名が署名し押印します。
⑧公正証書遺言の正本が遺言者に渡されますので、公証人の手数料を現金で支払います。

遺言書の原本は公証役場で保管してくれますからなくなる心配はありません。
遺言者が病気などの場合は、公証人が出張してくれます(出張費がかかります)。
公正証書遺言書は、家庭裁判所での検認は不要です。

標準報酬額;コンサルティング、案文の指導、証人2名派遣、申請手続き 併せて8万円~20万円

 報酬(税別)実費
①面談無料無料
②文案作成60000円-180000円別途、公証人手数料がかかります。※2 公証人手数料詳細
③遺言証人(2人)各10000円
④戸籍の収集1通1000円戸籍450円、除籍/原戸籍750円
⑤登記事項証明書の収集※11通700円1通500円

※1 遺言に不動産が含まれている場合です。金額算定のため固定資産税納税通知書も必要になります。
※2 公証人への手数料が別途必要です。詳細はコチラのリンクから確認してください。

お問い合わせ

秘密証書遺言 10万円~15万円

封緘された遺言書を公証役場で開封しないで確認してもらうものです。
証人が2人必要です。
公証役場は保管しません。

遺言書はパソコンで作っても、他人の代書でも構いません
ただし署名だけは遺言者本人がしたものでないと無効です。
押印は実印に限られます。
死後、家庭裁判所の検認が必要です。
標準報酬額;代書、証人1名派遣 役場へ申請まで 併せて10万円~15万円

お問い合わせ

死亡危急時遺言 20万円

遺言者に十分な弁識能力があれば、病気や事故などで死に瀕したときでも遺言は可能で、「死亡危急時の遺言」と言います。

証人が3人必要です(証人のうち1人は医師です)。
遺言者の推定相続人や四親等内の親族は証人になれません。
遺言の仕方は、3人の証人のうちの1人に遺言者が自分の言葉で話します。
それを受け止めた証人(私が担当します)が紙に遺言を書きとめ、遺言者本人と他の証人たちに読み聞かせるなどして内容を確認してもらいます。
こうして出来上がった遺言書を20日以内に家庭裁判所で確認してもらえば有効な遺言書となります。
ただしこの遺言書には有効期限があります。
遺言者が普通の方式で遺言ができるようになった時から6ヶ月間生存した場合には、この遺言書は効力を失います。

当事務所では会員が証人2人を引き受け(他の1人は医師)、出張して遺言書の代書をいたします。
遺言書の有効性を担保するためビデオ撮影もいたします。
*標準報酬額;証人2名、代書、ビデオ撮影、家裁確認申請まで 一式20万円より

面談申込・問い合わせ

静岡県家族信託協会

関連記事

  1. 嵐の中を伴走

    ★[抱負]長生きリスクの時代を生き抜くお手伝い

  2. ★介護や医療に関するご相談<無料>

  3. 安心(家族信託とは)

    ★家族信託とは何か

  4. (業務)相続対策

    ★相続税対策や“争族”対策<料金表>

  5. (業務)遺産分割協議書

    ★遺産分割協議書の作成など<料金表>

  6. (業務)葬儀・埋葬・供養

    ★葬儀・埋葬・供養の事務<料金表>

  7. パンフレットを進呈

    ★家族信託のパンフレットをリニューアル。銀行口座を凍結される前に対策を‼

  8. アイキャッチ家族信託

    ★家族信託契約書の作成<料金表>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


★<新版>家族信託のパンフレット、16ページに倍増!

家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

★『大事なこと、ノート』

老後の“あんしん計画”
『大事なこと、ノート』
お申し込みはコチラから。

 

大事なこと、ノート

Bサイトへ(バナー)

★私の著作から

プロローグ雲

★超高齢人生はどしゃ降り⁉ お金、認知症、家族のこと

プロローグb

★プロローグ 家族信託とは何か 「あなたの“分身”をつくる仕組み」です

X氏1b

第1章 なぜX氏は家族信託をしたか

★あなたの「困った!」に回答

質問をどうぞa2

★おすすめ度ランキング

  1. 凍る話
  2. 動かせるお金にしておけ

★最近の記事

  1. 公証役場で家族信託契約
  2. (著作)認知症の妻を守る
  3. パンフレットを進呈

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。

★『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中たちまち重版‼ 主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。

(表紙)家族信託の本

静岡県家族信託協会でご購入の場合、送料無料。家族信託のパンフレット+ヒヤリングシートと、後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。
PAGE TOP