★ベストセラー『成年後見より家族信託』にKindle版を追加しました!

家族信託

ご好評をいただいている家族信託の本、『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』の1万部突破を機に、Kindle版を追加しました。
22世紀アート社からリリース。
本のタイトルを以下のように改題しました。

認知症で預金が凍結される前に「家族信託」をしなさい――行政書士が教える新しい財産管理のすすめ

Am家族信託をしなさいazonで購入いただけます。
電子版はKindle版800円ですが、
Kindle unlimited会員は0円。

試し読みも充実しました。
商品ページの電子版をクリック(またはタップ)していただけば、▼まえがき▼目次▼プロローグなどをお読みいただけます。

また静岡県家族信託協会では、電子版購読者のために紙ベースの「家族信託パンフレット(16P)」と「ヒヤリングシート」(8P)、「委託者さまの常況ヒヤリングシート」(2P)を発行しております。電子版まえがきの後ろにお申込み用メールフォームのURLとQRコードを表示してありますので、お申込みいただけば、家族信託一式を無料で郵送いたします。「家族信託の契約が、今からでも間に合うか心配」「わが家の問題が家族信託で解決するのかどうかわからない」といった方に、ぜひ活用いただきたいと思います。
※下記の「家族信託に関心がありますか?」というコラムからも、家族信託のパンフレットはお申し込みいただけます。2022年10月に『家族信託はこう使え 認知症と相続  長寿社会の難問解決』という2冊目の家族信託の本(家族信託は認知症対策と共によい相続のためにも使える二刀流のツール、というのがテーマ)を出版したので、パンフレットは2種類になりました。

ヒント30px《2021年12月24日 追記》

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?  成年後見より家族信託』は2019年4月末に紙の本として出版しました。
こちらは2年と8か月後の今月、5刷りにまでこぎつけ、1万部の大台に届きそうです。
そのような本でもこれまで、Amazonランキングで総合1000位以内に入ることはありませんでした。
それが昨日、Amazon売れ筋ランキングで35位、きょうは5位にまで上がってきたのです。
部門別では
▼個人ファイナンス(Kindleストア)1位
▼法律(Kindleストア)1位
▼法律関係の資格・検定1位
Kindle版は予想もしなかった好反響をいただきました。
Amazonで販売する書籍は500万冊は下りませんから1万位内に入るのは0.2%、
3ケタに入るのは夢のまた夢でしたが、5万位台から一気に1ケタ。

認知症というひとつの病気のために契約ができない、預金の引き出しさえできずに困り果て、成年後見制度の利用やむなきに至る。
《なんだか理不尽だよなぁ》との思いがこの本を書く原動力でした。
2021年2月に全国銀行協会が、認知症の人の口座からの家族の代理出金について指針を発表したため、金融機関もこの問題に真剣に向き合うようになり、前進の兆しが見えたかと思ったのですが、銀行の反応は薄く2年後の今も家族が安心できる状態にはなっていません。
この本の出番はまだまだありそうです。

<初出:2021/12/24 最終更新:2023/1/31>

静岡県家族信託協会
行政書士 石川秀樹(ジャーナリスト)

サイトのトップページへ

この記事を書いた人

石川秀樹 行政書士

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰
◆61歳で行政書士試験に合格。新聞記者、編集者として多くの人たちと接してきた40年を活かし、高齢期の人や家族の声をくみ取っている。
◆家族信託は二刀流が信念。遺言や成年後見も問題解決のツールと考え、認知症➤凍結問題、相続・争族対策、事業の救済、親なき後問題などについて全国からの相談に答えている。
◆著書に『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』。
◆近著『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』。
《私の人となりについては「顔写真」をクリック》
《職務上のプロフィールについては、幻冬舎GoldOnlineの「著者紹介」をご覧ください》

 

家族信託に関心がありますか? ※最新パンフレットを差し上げます
家族信託パンフ申込QR一般用家族信託の本出版に合わせ、より分かりやすく「家族信託」をご案内する16㌻のパンフレットを作りました。
家族信託は二刀流です。(A)認知症対策だけではなく、(B)生前の対策や思い通りの相続を実現させる最強のツールです。
AとBのテーマに合わせてパンフレットは2種類。資産状況やご自身の常況を記述できるヒヤリングシート付き。
紙版は郵送(無料)、PDF版はメールに添付の形でお届けします。このメールフォームか右のQRコードからお申し込み下さい。

 

◎おすすめ「家族信託の本」 
(※画像クリック・タップしてAmazonで購入できます)

▲『成年後見より家族信託……』

▲認知症対策の定番、ベストセラー

家族信託はこう使え

▲相続対策に使う家族信託の本

▲上記の本を改題(Kindle版)

▲最左の本を改題(Kindle版)

<「目次」のリンクから2つの本の“記事抜粋”をお読みいただけます> 
目次1 『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』
目次2 『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』

 

関連記事

静岡県家族信託協会の仕事

週間ランキング

  1. 1

    ★認知症の母の定期預金を解約できますか? 委任状は通用しない。銀行は自宅に電話し意思確認。困ったら「金融庁」の名を出そう

  2. 2

    《完全版》★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にならない。その災厄は家族を巻き込み、離脱できず苦悩が続く!

  3. 3

    ★任意後見契約はおすすめしない。認知症対策を誤らないでください!

  4. 4

    ★令和の銀行あるある。70歳になるとATM引出し上限1日10万円!年齢差別あり。認知症懸念あれば無策でいるとヤバイ!

  5. 5

    ★なぜ銀行は、親の認知症を知るのか? 本人への意思確認は[委任状 ✕→本人に直接電話 〇]。難しくなった家族の代理!

  6. 6

    ★こんなにある!認知症になるとできなくなること。自己決定権を奪い、その“災厄”が家族を巻き込む

  7. 7

    ★代理人カードを使え! 認知症による口座凍結を当面は回避できる。あくまで暫定ツール、限界が来る前に次のステップに進め!

  8. 8

    ★父の“鼻からチューブ”で考えたこと。もう「延命拒否」とは言わない!

  9. 9

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  10. 10

    ★認知症対策なら、任意後見より家族信託。後見制度には近づくな!

★よくわかる家族信託の本、発売中!

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★私のおすすめ記事1

  1. ★相続までの「時間差」が20年余 ! ! 楽観消し飛ぶ老後、自身や妻の行く末守れますか!?

  2. 《家族信託事例》★受託者が遠方でも家族信託はできますか?大丈夫、社協の自立支援事業と連携しましょう

  3. ★家族信託で親の預金をどう渡す? 受託者が遠くに住んでいても大丈夫、自立支援事業があります!

  4. ★脳障がいの兄がいるのに、母に認知症のきざし。成年後見でなければ救われませんか? 受益者連続福祉型信託の出番です!!

  5. ★妻に全財産を相続させる”魔法の1行” らくらく遺言 <文例1>

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

パンフレットをどうぞ
2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。

★私のおすすめ記事2

  1. ★待合室にて、話がやまない老婦人の孤独 「ぜ~んぶ、自分だから……」

  2. ★人生に「遅すぎ」はない !! さめた心に、61歳の挑戦が火をつけた。

  3. ★「認知症だから成年後見、と思い込まないでください!』成年後見と家族信託はこんなに違う。ケアマネさんを前に熱弁、レジュメ公開しました

  4. ★認知症の母の定期預金を解約できますか? 委任状は通用しない。銀行は自宅に電話し意思確認。困ったら「金融庁」の名を出そう

  5. ★「成年後見人をつけなければ財産が国に持っていかれる」だって⁉ 認知症の専門医がミスリードでは困る!!

★家族信託などの料金表

★鎌倉新書で家族信託

「鎌倉新書」が運営するサイト「相続費用見積もりガイド」に私の事務所をページを設けました。
私は家族信託遺言を中核ツールとして全国で《相続対策》を行っています。
事例も紹介していますので、ぜひご覧ください。
ロゴから私の紹介ページにジャンプします。

 

 

★家族信託は全国対応しています

TOP