家族信託の本 第2弾!!『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』/本の紹介

家族信託

親の資産凍結は痛いっ!けれど、今それ以上にヤバいのは“普通の家の相続”です。民法をそのまま適用して遺産分割をしようにも、マイホームの高い評価額が「平等な相続」を破壊してしまいます。
前著『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』では、《認知症➤資産凍結》の問題に切り込みました。今回は、家族信託というツールを使って《危うくなっている普通の家の相続を救う》がテーマ。詳細な事例からこの難題を解き明かしていきます。

今、ふつうの家の相続がヤバい!

家族信託はこう使え

▲相続対策に使う家族信託の本

 

認知症相続  長寿社会の難問解決
家族信託はこう使え

A5判300ページ、1980円(税込)

※読者からの質問やご相談には、著者が直接回答いたします。

Amazonサイトに

 

日本の民法が相続を難しくする!
妻が自宅を相続すると子に代償金支払い!?
遺言しても、遺留分が円満相続を邪魔だて
私なき後に、大切な人を守る方法がない!
次の次の相続人への遺産指定さえ不可能に

事業や不動産の代替わりに高額負担が発生
認知症で、生前対策はすべて停止の憂き目

これらの問題は、日本の相続法である「民法」の限界から生じています。民によかれと思って作った法律も、時がたち社会の環境が変わってくると、国民個々のニーズをカバーしきれないのです。解決するには新しい発想が必要です。「信託」の発想は認知症対策や相続のための法規範を意識したものではありませんが、「財産権」に着目することで、図らずも<民法では無理>といわれる壁を超える手法が発見されたのです。
本書ではその一端をご紹介しています。
家族信託という方法論を知れば、相続はもっと柔軟にあなたの思いを叶えてくれるでしょう。

★『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』家族信託を使う本、第2弾をリリース!!

特集記事

★著者が質問・ご相談にお答えします

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

パンフレットをどうぞ
2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。
最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. ★家族信託の基本は《夫婦を共に守る受益者連続信託》だ。超重要な「章」を家族信託の本から丸ごと抜粋 !!

  2. ★『大事なこと、ノート』を刷新、PDF版に! 自分の後期医療を託す医師へ《きめ細かなお願書》付き

  3. 《認知症対策の一覧表》★成年後見と家族信託、できること・できないことを比較 した。よくも悪くもこれが現実!

  1. 『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』認知症➤凍結を回避、信託こそ庶民の知恵だ=本の紹介

  2. 家族信託の本 第2弾!!『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』/本の紹介

  3. ★なぜ銀行は、親の認知症を知るのか? 本人への意思確認は×委任状→〇本人に直接電話。難しくなった家族の代理!

  1. ★節税ばかにならないで!相続税は高くない。 遺産1億でも実効税率は4%弱

  2. ★ベストセラー『成年後見より家族信託』にKindle版を追加しました!

  3. ★幻冬舎オンラインで『成年後見より家族信託』の「キモ」をお読みいただけます!!

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。
家族信託二刀流
認知症➤凍結対策 & 相続をもっと自在に!!
2つのパンフレット
申込みは ↑ コチラ‼

★好評! 家族信託の本とKindle版

TOP