今秋、家族信託の本第2弾を出版しました。テーマは認知症対策と「あなたの相続」。
『家族信託はこう使え 認知症と相続 長寿社会の難問解決』
※本書内数か所の「申込フォーム」から、著者に直接質問・相談ができます。

◀◀◀ Amazonで購入はコチラ

★家族信託の出張説明会

家族信託

 

3人集まったらお呼びください 無料

家族信託は、まだまだ普及していませんね。
首都圏ではかなり浸透していますし、週刊誌でも「家族信託」の見出しが増えてきています。
しかし静岡県では、「知らない」という人が圧倒的。

 

“布教”の必要を強く感じています。
布教だなんて、宗教家みたいですが、本気です。
なぜなら、いま世間が、少しおかしいんです。
「認知症」だけ、特別の病気になっています。

 

認知症だから預貯金凍結だなんて!
めちゃくちゃです。
なんでそんな“バツ”を受けなければならないのでしょう。
脳梗塞で意識が混濁していても、銀行員を2人枕元に呼び意思能力を確認させれば、定期預金は解約されます。
「定期預金、崩したいんだね」「うん」とうなずけば、銀行に断る理由はないんです。

 

認知症が色眼鏡で見られている

ところが認知症、ひどく色眼鏡で見られちゃってます。
人と会話はできる、でも、さっきのことをすぐ忘れる。
そういう人が銀行に行き、ATMでもたもたしている。
「どうしました?」フロア係が近づきあれこれ会話。
「おかしい」と感じると課長を呼んでなにやらヒソヒソ。
結局、銀行の独断で口座を凍結してしまう。
この人のこれからの生活、どうなってしまうのだろう。

 

こういう過剰反応が横行している。
時々はおかしなことを言っても、自分の通帳の出し入れくらい認識できる。
それが止められたら、命にかかわる。
これが認知症を抱えた人が今、遭遇する現実です。
あなたは知っていましたか?

 

深刻化する前に家族信託の決断を

銀行ではしきりに成年後見制度をおすすめするが、私は断じてすすめない。
使いにくさはこのホームページで何度も書いてきた通り。
今おすすめできるのは「家族信託」。
認知症が深刻化する前に、決断してほしい。
家族に。
そして何より、本人に。

 

本人が納得してくれることが一番難しい。
だから、お話ししたい。
家族に気づいてもらい、本人に合わせてほしい。
そしたらお話ししたい。
あなたからお金を奪うのではなく、あなたのために使えるよう家族信託をするのだと。
家族を信じましょう。

 

家族でも、友達でも、家族信託を知りたい人が3人集まれば、静岡県内のどこにでも、
旅費、出張費なしで駆け付けます。
気軽に下のボタンを押して、ご連絡ください。

 

出張説明会申し込み

 

静岡県家族信託協会 石川秀樹

 

 

この記事の関連記事

特集記事

本日のトップ5

  1. 登録されている記事はございません。

★著者が質問・ご相談にお答えします

全国の主要書店で発売中。
Amazonでも購入できます。
<著者石川が無料で相談にお答えします>
上記の本の読者は、本文中のQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」等に跳びメールを送信ください。著者の石川が質問・ご相談に直接お答えいたします。

★家族信託へ2つのパンフレット

家族信託は二刀流です!
認知症対策だけでなく相続対策
にも使えるツールなんです。

家族信託のパンフレット

2冊目の「家族信託」の本出版に合わせて家族間契約の手引きになるパンフレットを2種類作成しました。ヒヤリングシートも用意。無料で郵送、またはPDFファイル版はあなたへの返信メールに添付します。
申込みはコチラのメールフォームから。

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。
家族信託二刀流
2つのパンフレット
申込みは ↑ コチラ‼
TOP