★認知症の家族をどう守る? 悩んだらこの本<4刷出来>

表紙カバー350px認知症の家族を守れるのはどっちだ
成年後見より家族信託

A5判242ページ、本文カラー、1800円+税
親のお金が使えない、NHK「クローズアップ現代+」も注目!
成年後見か、家族信託か、答えはこの本に。
今すぐAmazonで購入

特典付きで著者から購入

★家族信託の出張説明会

(業務)家族信託の相談会

 

3人集まったらお呼びください 無料

家族信託は、まだまだ普及していませんね。
首都圏ではかなり浸透していますし、週刊誌でも「家族信託」の見出しが増えてきています。
しかし静岡県では、「知らない」という人が圧倒的。

 

“布教”の必要を強く感じています。
布教だなんて、宗教家みたいですが、本気です。
なぜなら、いま世間が、少しおかしいんです。
「認知症」だけ、特別の病気になっています。

 

認知症だから預貯金凍結だなんて!
めちゃくちゃです。
なんでそんな“バツ”を受けなければならないのでしょう。
脳梗塞で意識が混濁していても、銀行員を2人枕元に呼び意思能力を確認させれば、定期預金は解約されます。
「定期預金、崩したいんだね」「うん」とうなずけば、銀行に断る理由はないんです。

 

認知症が色眼鏡で見られている

ところが認知症、ひどく色眼鏡で見られちゃってます。
人と会話はできる、でも、さっきのことをすぐ忘れる。
そういう人が銀行に行き、ATMでもたもたしている。
「どうしました?」フロア係が近づきあれこれ会話。
「おかしい」と感じると課長を呼んでなにやらヒソヒソ。
結局、銀行の独断で口座を凍結してしまう。
この人のこれからの生活、どうなってしまうのだろう。

 

こういう過剰反応が横行している。
時々はおかしなことを言っても、自分の通帳の出し入れくらい認識できる。
それが止められたら、命にかかわる。
これが認知症を抱えた人が今、遭遇する現実です。
あなたは知っていましたか?

 

深刻化する前に家族信託の決断を

銀行ではしきりに成年後見制度をおすすめするが、私は断じてすすめない。
使いにくさはこのホームページで何度も書いてきた通り。
今おすすめできるのは「家族信託」。
認知症が深刻化する前に、決断してほしい。
家族に。
そして何より、本人に。

 

本人が納得してくれることが一番難しい。
だから、お話ししたい。
家族に気づいてもらい、本人に合わせてほしい。
そしたらお話ししたい。
あなたからお金を奪うのではなく、あなたのために使えるよう家族信託をするのだと。
家族を信じましょう。

 

家族でも、友達でも、家族信託を知りたい人が3人集まれば、静岡県内のどこにでも、
旅費、出張費なしで駆け付けます。
気軽に下のボタンを押して、ご連絡ください。

 

出張説明会申し込み

 

静岡県家族信託協会 石川秀樹

 

 

関連記事

  1. 静岡県家族信託協会とは

    ★静岡県家族信託協会とは 高齢期のあなたを守ります。

  2. (ブログ)壁

    ★不動産の家族信託、「保佐相当」の診断が出たらアウトだ!

  3. (業務)エンディングノート

    ★延命に関する事前指示書などの作成<料金表>

  4. ★「成年後見人をつけなければ財産が国に持っていかれる」だって⁉ 医師がミスリード

  5. (ノート)5刷り

    ★『大事なこと、ノート』第5刷、高齢期に備える“ライフ版”‼

  6. たそがれ(プロフィール)

    ★老境を少し理解できる年齢になりました──最新、私のプロフィール

  7. 遺言

    ★遺言書作成をお手伝い<料金表>

  8. (ランディングページ)

    ★超入門、家族信託の本。認知症の家族を守れるのはコッチだ ‼

★<新版>家族信託のパンフレット、16ページに倍増!

家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

★『大事なこと、ノート』

老後の“あんしん計画”
『大事なこと、ノート』
お申し込みはコチラから。

 

大事なこと、ノート

Bサイトへ(バナー)

★私の著作から

プロローグ雲

★超高齢人生はどしゃ降り⁉ お金、認知症、家族のこと

プロローグb

★プロローグ 家族信託とは何か 「あなたの“分身”をつくる仕組み」です

X氏1b

第1章 なぜX氏は家族信託をしたか

★あなたの「困った!」に回答

質問をどうぞa2

★静岡県家族信託協会

080-3202-0207
祝日以外はいつでもどうぞ。

★おすすめ度ランキング

  1. 凍る話
  2. 動かせるお金にしておけ

★最近の記事

  1. たそがれ(プロフィール)
  2. もう1つのポケット
  3. 不動産オーナーの家族信託
  4. 後見をどうする?悩みは尽きません

★『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。
目次をご覧ください

(表紙)家族信託の本

静岡県家族信託協会でご購入の場合、送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。
PAGE TOP