★3刷りに合わせ、著書を新聞広告しました‼

トピックス

『認知症の家族を守れるのはどっちだ 成年後見より家族信託』
静岡県家族信託協会の本が、1月5日付静岡新聞朝刊1面のサンヤツ広告で、載りました!
もちろん広告ですから、お金を出し「3段×8行」というわずかな出版広告のスペースを買ったわけです。
1冊、2冊でも売れてほしいし、1人でも多くの人の目に触れてほしい。
ただの論文を書いたのなら、ここまで思いはしなかったでしょうが、書いたのは本です。
「認知症」をめぐる深刻で不都合な事実が今、毎日毎日積みあがっており、困っている人がいる!
このことを知ってほしい。

認知症はほとんど治らないと言われている。
長い闘病必至、その本人やご家族に肉体・心理的な負担に加え、経済的な重い負担がのしかかる。
それなのに銀行は預金口座を凍結。成年後見制度を使っておろせと言う。
その、国がすすめる制度たるや・・・・・・・・・
他人事ではない、10年後、20年後、必ずや遭遇するわが家のこととして読んでもらいたいんです。
わずかな投資ではありますが、お金を出してでもこの本を読んでいただきたい。
それが著者たる私が、出版広告掲載に“自腹”を切った理由です。
Amazonの購入サイト→ https://amzn.to/2ubZZlh

静岡県家族信託協会・石川秀樹

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?
成年後見より家族信託』
この一冊があなたの“くらし”を変える!

.

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

好評‼『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。
目次をご覧ください

(表紙)家族信託の本

静岡県家族信託協会でご購入なら送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。

★家族信託のパンフレット、刷新!

新版、16ページに倍増。無料で郵送。
家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。
《静岡県家族信託協会》

家族信託パンフレット

石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

本日のトップ5

  1. 1

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  2. 2

    ★『監察医 朝顔』の父・万木平さんが認知症!? 悩みを共有する「家族の力」

  3. 3

    ★認知症患者の預金、家族の引き出しOKは本当か!? 全銀協指針、本音は成年後見だ!!

  4. 4

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  5. 5

    ★認知症患者の預金口座からの家族の代理引き出しに指針(全文)|全国銀行協会

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。

★『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の《目次》はコチラから。

(表紙)家族信託の本

<著者石川が無料でご相談に答えます>
本235PのQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」に跳んでメールを送信いただけば、私が読者の問題に直接「答え」を差し上げます。
TOP