★面談は「予約制」でうけたまわっております

認知症で手遅れになる前にお越しください

ご家族の認知症の兆候を見逃さないでください。楽観はしないで!銀行で、預金が”凍結”されるようだと家族

信託するのは難しくなります。自宅売却を視野に入れている場合も、登記できなくなる前にお越しください。

家族信託の文案作成とコンサルティングは、面談の上、メールと電話で打ち合わせをしますので、全国対応も可能です。


家族信託のお客様

 

遺留分への配慮をお忘れなく

遺言の適齢期は70歳前後です。遺言はある意味、ご自分の財産を”不公平”に分けるためにあります。不利になる

人のこともお考えください。遺留分を無視すると家族の混乱が深まりますから、妥協することも時には必要です。

遺言の文案作成とコンサルティングは、面談を原則としますが、メールと電話で打ち合わせできますので、全国対応も可能です。


遺言相続のお客様

★<新版>家族信託のパンフレット、16ページに倍増!

家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

Bサイトへ(バナー)

★『大事なこと、ノート』

老後の“あんしん計画”
『大事なこと、ノート』
お申し込みはコチラから。

 

大事なこと、ノート

★「困った!」に回答します

最近の記事

  1. 不動産オーナーの家族信託
  2. 後見をどうする?悩みは尽きません
  3. コロナと認知症と家族信託
  4. (玄冬記)断崖鼻からチューブ
  5. 認知症になると自己決定権を失う
  6. Amazonトップに‼

★主な業務の報酬表

料金表
PAGE TOP