★新版「家族信託パンフレット」を差し上げます

トピックス

家族信託のパンフレットに事例をたくさん追加、倍増の16Pとなりました。
増補した理由は、事例の追加もさることながら、認知症の兆候が出てきたら、
一刻の猶予もないことを伝えたかったためです。
金銭を信託するのは委託者自身です。子がやってくれるわけではありません。
だから銀行に口座を凍結される事態になれば、家族信託はできません。
「委託者さまの常況ヒヤリングシート(2P)」も一新しました。
間に合う状態かどうか、ご家族が判断しやすいわかりやすいシートに変えました。
ほかに「家族信託で解決したいことチェック表(8P)」。セットで無料です。

ご家族の認知症でお悩みの方に

《近ごろ様子がおかしい》と感じたら、お急ぎください。
家族信託は契約ですから、判断能力を失えば契約ができなくなります。
手遅れになると、成年後見制度を使うか、何もしないかの選択になります。

「◎相談したい項目」に必ず「✔」を入れてください(複数チェック可)。
パンフレットをお送りするときに、アドバイスできるかもしれません。
ご相談したいことやお悩み、迷いが具体的にある時は、メッセージ欄を活用してください。
パンフレットをお送りするのと同時に、直接、メールで回答いたします

★家族信託のパンフレットのみをご希望の方は、「テーマ欄」には「パンフレット希望」とだけお書きください。

◎お名前(必須)

◎メールアドレス(必須)

◎郵便番号(必須)

◎ご住所(必須)

◎電話番号(必須)

◎生年月日(必須)

◎相談したい項目(必須)

※「✔」を入れてください。複数でもかまいません。




























◎テーマ(メールの表題)

◎ご相談がある場合は概略をお書きください

◎添付ファイル(参考になる資料をお寄せください)

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?
成年後見より家族信託』
この一冊があなたの“くらし”を変える!

.

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

本日のトップ5

  1. 1

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  2. 2

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  3. 3

    ★任意後見はおすすめしない。認知症対策を誤らないでください!

  4. 4

    ★家族が成年後見人になれない15の理由

  5. 5

    ★「認知症高齢者の預金 代理引き出しOK」うのみは危険‼ その先にあるのは成年後見!?

★『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の《目次》はコチラから。

(表紙)家族信託の本

<著者石川が無料でご相談に答えます>
本235PのQRコードから「家族信託パンフレット申込フォーム」に跳んでメールを送信いただけば、私が読者の問題に直接「答え」を差し上げます。

★家族信託のパンフレット、刷新!

新版、16ページに倍増。無料で郵送。
家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。
《静岡県家族信託協会》

家族信託パンフレット

石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。

好評‼『成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中
全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。

TOP