★認知症の家族をどう守る? 悩んだらこの本<3刷出来>

表紙カバー350px認知症の家族を守れるのはどっちだ
成年後見より家族信託

A5判242ページ、本文カラー、1800円+税
親のお金が使えない、NHK「クローズアップ現代+」も注目! 成年後見か、家族信託か、答えはこの本に。
今すぐAmazonで購入

特典付きで著者から購入

★不動産オーナーの認知症対策「家族信託相談会」《7/21》

不動産オーナーの家族信託

毎月開催している静岡県家族信託協会の「無料相談会」ですが、
コロナウイルス禍で“非常事態”となり、3、4、5月は休みとしました。
確かにコロナはおそろしい病気ですが、高齢に伴う認知症禍は、コロナとは別の意味で、深刻な災厄です
「認知症禍」とあえて書きましたが、責任ある人の認知症は、事業を破壊します。
なのに、何の対策もしない結果「成年後見」に追い込まれ、廃業となる例が少なくありません。
オーナー社長、不動産オーナーは、決して認知症を甘く見てはいけません。

今年は、「収益不動産をお持ちの方」を対象に3回、相談会を行いました。
ご自分の想像を超えて、認知症というありふれた病が、賃貸事業に致命的な打撃を与えることを知り、
お客さまの目の色が変わりました。70代から80代前半、後継者候補と共に来訪された方々です。
一方、オーナーおひとりでいらした方は、ピンと来ないようでした。

ご相談に来るなら、後継者候補とご一緒においでください。
代替わりを阻む最大要因、「名義変更」を1円の贈与税もかけずに実現する方法をご教授します‼
家族信託を知らなければ、不動産オーナーの世代交代は実現できないでしょう。

不動産オーナーの家族信託

 

◇不動産オーナー対象の「家族信託」無料相談会
7月21日(日)に
静岡県家族信託協会で開催いたします。
 ご相談は、午前1組、午後お1組限定です。

相談ご希望の方は電話か、または下のメールフォームからお申し込みください。
※コロナが7月に至っても終息しない場合は中止(解除地域のお客さまはOK)。

面談予約予約フォーム

(▲クリックするとメールフォーム画面にジャンプします)

 

静岡県家族信託協会<静岡市葵区沓谷1-3-16、☎054-207-9592>
駐車場2台あり。バスはJR静岡駅かセノバから、「三松」で下車。

▼下の地図をクリックするとGoogle Mapに変わり、現在地からの道順を検索できます。
(地図・静岡県家族信託協会450)バス停→相続指南処へ

 

関連記事

  1. 安心(家族信託とは)

    ★家族信託とは何か

  2. (業務)大事なこと、ノート

    ★『大事なこと、ノート(5刷り)』申込みメールフォーム

  3. X氏1

    第1章 なぜX氏は家族信託をしたか

  4. 静岡県家族信託協会とは

    ★静岡県家族信託協会とは 高齢期のあなたを守ります。

  5. 親のオカネが使えない⁉

    ★親のお金が使えない 「認知症で困った」の最大の要因(家族信託の本、著者ページから)

  6. X氏2

    第1章 X氏はなぜ家族信託をしたか2

  7. (申込フォーム)家族信託の本

    ★家族信託の本を購入します(申込フォーム)

  8. (トップ記事)線路新新a

    ★「100年人生の諸問題」に専門家チームが回答します!

★<新版>家族信託のパンフレット、16ページに倍増!

家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

★『大事なこと、ノート』

老後の“あんしん計画”
『大事なこと、ノート』
お申し込みはコチラから。

 

大事なこと、ノート

Bサイトへ(バナー)

★私の著作から

プロローグ雲

★超高齢人生はどしゃ降り⁉ お金、認知症、家族のこと

プロローグb

★プロローグ 家族信託とは何か 「あなたの“分身”をつくる仕組み」です

X氏1b

第1章 なぜX氏は家族信託をしたか

★あなたの「困った!」に回答

質問をどうぞa2

★おすすめ度ランキング

  1. 凍る話
  2. 動かせるお金にしておけ

★最近の記事

  1. 不動産オーナーの家族信託
  2. 後見をどうする?悩みは尽きません
  3. コロナと認知症と家族信託
  4. (玄冬記)断崖鼻からチューブ

★『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。
目次をご覧ください

(表紙)家族信託の本

静岡県家族信託協会でご購入の場合、送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。
PAGE TOP