もっと家族信託!

さらに「家族信託」を深掘りした第2弾も、年内に出版する予定です。もっと家族信託を安心して使ってもらえますように。さらに「家族信託」を深掘りした第2弾も、年内に出版する予定です。
もっと家族信託を安心して使ってもらえますように。

面談用

石川 秀樹

家族信託に関心をもっていただき、ありがとうございます。
静岡県家族信託協会を主宰する石川秀樹(行政書士)です。
親御さまの認知症対策だけでなく、家族信託には多様な用途があります。
このメールフォームにいらしたあなたには、差し迫ったご事情がおありと存じます。
家族信託が適切に利く“クスリ”となりますよう、家族信託を希望する理由や、信託で実現したいこと等を
お書きください。

このメールフォームを使っても、直ちに「家族信託の申込」になるわけではありません。
安心してなんでもご相談ください。
実際に私が<家族信託契約書作成及びコンサルティング>のご依頼を受任しますと、その後は、メールや電話、リモート面談(Zoom(ズーム)等を使う)をして、どのような内容の家族信託にするのかを詰めていきます。
最終的には委託者と受託者が公証役場で信託契約をちょういんするわけですが、その際は私がご同席いたします。

それでは下記のフォームにお答えください。
一両日中に、メールにて1回目のご挨拶をさせていただきます。

<静岡県家族信託協会 石川秀樹>

 

家族信託のご相談は、お急なら下記の電話でもお受けします。

電話番号 054-207-9592
ご予約電話受付時間: 平日9:00~21:00
時間外や土日についても、電話に出られる場合は応対いたします。
不在の場合は、留守番電話に「お名前」「ご連絡先電話番号」を入れてください。折り返しご連絡いたします。

 

メールフォームからお申込み

◎お名前(必須)

◎メールアドレス(必須)

◎郵便番号(必須)

◎ご住所(必須)

◎電話番号(必須)

◎生年月日(必須)

◎『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 成年後見より家族信託』
 この本を購入した人は、 どこでお知りになりましたか?

◎テーマ(メールの表題)

◎ご相談したいことの概略をお書きください

◎資料を添付 例:パソコン内にある写真、その他のデータ(スキャンした戸籍謄本等)

今週のトップ5

  1. 1

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならない‼

  2. 2

    ★ゆがんでしまった成年後見、庶民の思いとズレている!《 家族信託と比較した》

  3. 3

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

  4. 4

    ★代理人カードを使え! 認知症による口座凍結を回避

  5. 5

    ★延命治療、始めたら本当に止められない!? もっと”出口”の話をしましょう

石川秀樹石川秀樹

石川秀樹

石川秀樹(ジャーナリスト/行政書士) ◆静岡県家族信託協会を主宰 ◆『認知症の家族を守れるのはどっちだ!? 家族信託より成年後見』の著者 ◆新聞記者40年。61歳で行政書士試験に合格。 ◆「お悩みを聴かせてください。大丈夫、解決できますよ」が信念。 ◆ご相談は下記メールフォームから。

★家族信託のパンフレットを郵送

家族信託の豊富な事例を追加。
本編16P、ヒヤリングシート8P
委託者の常況聴取シート2P
銀行に口座凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
無料で郵送、お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

静岡県家族信託協会

054-207-9592
日曜祭日以外は営業しています。
TOP