おすすめの記事 PICK UP!

★親のオカネを凍結させない‼「家族信託の本」

(表紙)家族信託の本A認知症の家族を守れるのはどっちだ
   成年後見より家族信託
  たちまち3刷‼ A5判242ページ、1800円+税

85歳以上の過半数は認知症になります。
銀行による預金口座の“凍結”が現実に始まっています。 私たちにどんな対処法があるのか? 答えはこの本に。
今すぐAmazonで購入

特典付きで著者から購入

 

  1. 後悔(使ってはいけない成年後見)

    ★使ってはいけない「成年後見」。認知症対策の切り札にはならな…

  2. 後見をどうする?悩みは尽きません

    ★認知症対策なら、任意後見より家族信託。後見制度には近づくな…

  3. コロナと認知症と家族信託

    ★コロナと認知症と家族信託、敵を正しく恐れ対策しよう! 出版…

  4. (玄冬記)断崖鼻からチューブ

    ★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に…

  5. ★家族信託とは何か――認知症対策になる理由(わけ)をやさしく…

  6. 認知症になると自己決定権を失う
  7. 差別される「認知症」という病気
  8. 『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』を静岡新聞のサンヤツ広告に
  9. 銀行が凍結
  10. (著作)認知症の妻を守る
  11. 公証役場で家族信託契約
  12. パンフレットを進呈
  13. 15の理由
  14. 親のオカネが使えない⁉
  1. 15の理由

    ★家族が成年後見人になれない15の理由

  2. ★任意後見はおすすめしない。認知症対策を誤らないでください!…

  3. パンフレットを進呈

    ★家族信託のパンフレットをリニューアル。銀行口座を凍結される…

  4. (著作)認知症の妻を守る

    ★認知症の妻を家族信託で守る! 親なき後の問題解決にも“光”…

  5. 差別される「認知症」という病気

    ★「認知症で預金凍結」はもう常識! 甘え捨てて、対策しなさい…

  6. 公証役場で家族信託契約
  7. (業務)家族信託の相談会
  8. 不動産オーナーの家族信託
  9. 『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』を静岡新聞のサンヤツ広告に
  10. 認知症になると自己決定権を失う
  11. 『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』静岡新聞にサンヤツ広告
  12. 銀行が凍結
  13. (玄冬記)断崖鼻からチューブ
  14. Amazonトップに‼
  15. コロナと認知症と家族信託
  16. 後見をどうする?悩みは尽きません
  1. (著作)認知症の妻を守る

    ★認知症の妻を家族信託で守る! 親なき後の問題解決にも“光”…

  2. ★代理人カードを使え! 認知症による口座凍結を回避

  3. 親のオカネが使えない⁉

    ★親のお金が使えない 「認知症で困った」の最大の要因(家族信…

  4. 家族信託の本の目次B

    ★家族信託の本の「目次」です。『認知症の家族を守れるのはどっ…

  5. 成年後見と家族信託の比較

    ★成年後見より家族信託を使え‼ 認知症対策を徹…

  6. (ランディングページ)
  7. (申込フォーム)家族信託の本
  8. (著書から)衝撃のニュース
  9. X氏2
  10. X氏1
  11. 合鍵をイメージ
  12. 本まえがき「嵐」
  1. ★任意後見はおすすめしない。認知症対策を誤らないでください!…

  2. 15の理由

    ★家族が成年後見人になれない15の理由

  3. 凍る話

    ★任意後見開始を申立てたら成年後見に誘導された

  4. ★子のない夫婦。夫の妹夫婦に”遺産”を狙われて

  5. ★認知症の母の定期預金を、普通預金に換えられますか?

  6. 冬の木
  7. Q&Aなんてん
  8. (トップ記事)線路新新a

トピックス

不動産オーナーの家族信託 ★不動産オーナーの認知症対策「家族信託相談会」《7/21》 2020年5月20日

毎月開催している静岡県家族信託協会の「無料相談会」ですが、 コロナウイルス禍で“非常事態”となり、3、4、5月は休みとしました。 確かにコロナはおそろしい病気ですが、高齢に伴う認知症禍は、コロナとは別...

Amazonトップに‼ ★Amazon「家族信託」部門で、ついに1位‼ 2020年1月31日

見てください! Amazonの「家族信託」部門でついに1位‼ 『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』 平成最後の4月25日に上梓、それから約1か月。 ...

(業務)家族信託の相談会 ★家族信託の出張説明会 2020年1月31日

  3人集まったらお呼びください 無料 家族信託は、まだまだ普及していませんね。 首都圏ではかなり浸透していますし、週刊誌でも「家族信託」の見出しが増えてきています。 しかし静岡県では、「知...

『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』静岡新聞にサンヤツ広告 ★3刷りに合わせ、著書を新聞広告しました‼ 2020年1月5日

『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』 静岡県家族信託協会の本が、1月5日付静岡新聞朝刊1面のサンヤツ広告で、載りました! もちろん広告ですから、お金を出し「3段×...

家族信託パンフレット ★新版「家族信託パンフレット」を差し上げます 2019年3月20日

家族信託のパンフレットに事例をたくさん追加、倍増の16Pとなりました。 増補した理由は、事例の追加もさることながら、認知症の兆候が出てきたら、 一刻の猶予もないことを伝えたかったためです。 金銭を信託...


スタッフ紹介


★面談は「予約制」でうけたまわっております

認知症で手遅れになる前にお越しください

ご家族の認知症の兆候を見逃さないでください。楽観はしないで!銀行で、預金が”凍結”されるようだと家族

信託するのは難しくなります。自宅売却を視野に入れている場合も、登記できなくなる前にお越しください。

家族信託の文案作成とコンサルティングは、面談の上、メールと電話で打ち合わせをしますので、全国対応も可能です。


家族信託のお客様

 

遺留分への配慮をお忘れなく

遺言の適齢期は70歳前後です。遺言はある意味、ご自分の財産を”不公平”に分けるためにあります。不利になる

人のこともお考えください。遺留分を無視すると家族の混乱が深まりますから、妥協することも時には必要です。

遺言の文案作成とコンサルティングは、面談を原則としますが、メールと電話で打ち合わせできますので、全国対応も可能です。


遺言相続のお客様

『認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 成年後見より家族信託』

家族信託の本、発売中全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会
または Amazonでも購入できます。
本の内容詳細はコチラから。
目次をご覧ください

(表紙)家族信託の本

静岡県家族信託協会でご購入の場合、送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。

★<新版>家族信託のパンフレット、16ページに倍増!

家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

Bサイトへ(バナー)

★著者のおすすめ

  1. 後悔(使ってはいけない成年後見)
  2. 15の理由
  3. 凍る話
  4. 動かせるお金にしておけ

★最近の記事

  1. 不動産オーナーの家族信託
  2. 後見をどうする?悩みは尽きません
  3. コロナと認知症と家族信託
  4. (玄冬記)断崖鼻からチューブ
  5. 認知症になると自己決定権を失う
  6. Amazonトップに‼

★『大事なこと、ノート』

老後の“あんしん計画”
『大事なこと、ノート』
お申し込みはコチラから。

 

大事なこと、ノート

★静岡県家族信託協会

054-207-9592
祭日以外は営業しています。
PAGE TOP